ニュース
» 2021年11月05日 08時28分 公開

任天堂の第2四半期決算 「あつ森」反動で減収減益

 任天堂は11月4日、2022年3月期第2四半期(21年4〜9月)の連結決算を発表した。売上高は前年同期比18.9%減の6242億円、営業利益は24.5%減の2199億円、純利益は19.4%減の1718億円となった。

[季原ゆう,ITmedia]

 任天堂は11月4日、2022年3月期第2四半期(21年4〜9月)の連結決算を発表した。売上高は前年同期比18.9%減の6242億円、営業利益は24.5%減の2199億円、純利益は19.4%減の1718億円となった。

連結業績(実績)(出所:決算説明資料より)
Nintendo Switchの販売状況(出所:決算説明資料より)

 ゲーム専用機ビジネスでは、主にNintendo Switchのダウンロード専売ソフトやNintendo Switch Onlineによる売り上げが順調に推移したものの、パッケージ併売ダウンロードソフトの売り上げは減少し、前年同期比19.5%減の5974億円となった。前期は「あつまれ どうぶつの森」の発売をきっかけに売り上げが大きく伸びていたため、前年同期比では減収減益となったが、上期としては売り上げ、利益ともに高い水準は続き、業績は概ね想定通りに推移した。

 モバイルビジネスでは、ロイヤリティ収入は増加したが、スマートデバイス向けの課金収入が減少し、前年同期比4.6%減の255億円となった。

 また、新作タイトル数の増加に伴い広告宣伝費の増加や円安による為替の影響により、販売費及び一般管理費は、前年同期比7.1%増の1527億円となり、売上高に占める販管費の割合は5.9ポイント増の24.5%となった。

 通期の業績予想は、半導体部品等の供給不足によるSwitchハード生産への影響や、Switchソフトの販売実績及び今後の状況を踏まえ修正する。売上高は前期比9.0%減の1兆6000億円、営業利益は18.8%減の5200億円、純損益は27.1%減の3500億円を見込む。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -