金融機関のデジタル活用〜デジタル活用のヒントを探る〜
ニュース
» 2021年11月09日 11時32分 公開

JCB、オリジナルカードを12年ぶりリニューアル タッチ決済標準搭載

JCBは11月9日、同社の代表的なクレジットカード「JCB ORIGINAL SERIES」を12年ぶりにリニューアルすると発表した。12月上旬に発行する。

[斎藤健二,ITmedia]

 JCBは11月9日、同社の代表的なクレジットカード「JCB ORIGINAL SERIES」を12年ぶりにリニューアルすると発表した。12月上旬に発行する。

新デザインとなるJCBカード

 カードデザインをシンプルなものに変更するほか、券面表に番号を記載せず裏面記載とする。ブランドロゴには虹色箔を採用。さらに、ゴールド、ゴールド・ザ・プレミア、プラチナザ・クラスといった上位カードでは側面もカラー化する。

 合わせて、凹凸のないエンボスレスとなる。JCB発行カードのエンボスレスは、PASMO一体型を除くと初めて。

一般カードだけでなく、ゴールド、ゴールド・ザ・プレミア、プラチナザ・クラスなどもデザインを一新する
カード番号などは裏面に集約する

 変更するのはデザインだけではない。Visaなどが普及に力をいれるタッチ決済(JCBコンタクトレス)も標準搭載する。現在、対応しているのは提携カードを除くと「ANA JCBカード」のみ。今後、JCBが発行する他のカードにも順次搭載を進めるとしている。

 今回のJCBの変更は、昨今のクレジットカードのトレンドに沿った流れだ。表面番号レスは2020年1月に三井住友カードが初めて取り組んだ。同11月には、表裏ともに番号を記載しないカードをクレディセゾンが発行し、三井住友カードも21年2月に完全番号レスに移行した。そのほか、エポスカードやダイナースなど、多くのカードがデザインリニューアルと共に表面番号レスを進めている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -