3分Biz.
ニュース
» 2021年11月24日 16時35分 公開

サントリー、さいたま市に新物流拠点 自動運転のフォークリフト導入、工数3割削減首都圏の倉庫機能を集約

サントリーが、新物流拠点「浦和美園配送センター」の稼働を始めたと発表した。首都圏に分散していた倉庫機能を集約し、物流の効率化を図る。同施設には、自動運転のフォークリフト(AGF)なども導入しているという。

[ITmedia]

 サントリーは11月24日、新物流拠点「浦和美園配送センター」(さいたま市緑区)の稼働を始めたと発表した。首都圏に分散していた倉庫機能を集約し、物流の効率化を図る。同施設には、デジタルトランスフォーメーション(DX)の一環として、自動運転のフォークリフト(Automated Guided Forklift、以下AGF)なども導入しているという。

photo サントリーの新物流拠点「浦和美園配送センター」

 同施設の延床面積は1万2000坪(約4万平方メートル)で、清涼飲料や酒類を扱う。AGF専用エリアを設け、作業を省力化。同様の作業を人が行った場合と比較すると、工数を約3割削減できる見込みだという。AGFにはリチウムイオン電池や再生可能バッテリーも活用し、温室効果ガス排出量削減にも取り組む。

photo サントリーが導入した自動運転のフォークリフト(AGF)
photo AGFの作業風景

 その他、無人受付システムやAI技術も導入し、施設全体では従来よりも工数を約15%削減できる見込みだ。

 同社は「今後も持続可能な物流の実現に向けて、物流最適化・環境負荷低減・働き方改革の推進などのさらなる取り組みを、パートナー企業・地域行政との連携を深めながら進めていく」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -