メディア
3分Biz.
ニュース
» 2021年12月03日 08時00分 公開

職場のコミュニケーション、約5割は「コロナ禍前と変わらない」と回答雑談は減少(1/2 ページ)

リクルートワークス研究所が行った「職場の集まり方」に関する調査によると、37.6%がコロナ禍前と比較してコミュニケーションの総量が減少したと回答。約5割は「変わらない」としている。

[熊谷ショウコ,ITmedia]

 リクルートワークス研究所は、リモートワークなどの新しい働き方が「職場の集まり方」にどのような影響を及ぼしたのか、実態を調査。その結果、37.6%がコミュニケーションの総量が減少したと回答し、約5割は「変わらない」と感じていることが分かった。

コロナ禍前からのコミュニケーション量の変化(出所:リリース)

 コミュニケーションの総量について、コロナ禍前と比べて「減った」は9.2%、「やや減った」は28.4%で、計37.6%が「減少」と回答。減少の割合が最も高いのは「他部署」とのコミュニケーションで、35.9%だった。

 コロナ禍でもコミュニケーション総量が「変わらない」と回答したのは53.5%で半数以上を占めた。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -