3分Biz.
ニュース
» 2022年01月12日 12時35分 公開

花王、プラ製アイキャッチシールの生産を終了 商品特徴を容器へ直接記載プラ使用量削減

花王が、商品のパッケージに添付している「プラスチック製アイキャッチシール」の生産を2021年12月末で終了したと発表した。

[ITmedia]

 花王は1月12日、商品のパッケージに添付している「プラスチック製アイキャッチシール」の生産を2021年12月末で終了したと発表した。プラスチックの使用量削減に向けた取り組みで、廃棄によるごみの発生を防ぐため、物流・店頭の在庫が無くなるまで販売は継続するとしている。

プラごみ削減 ボトル容器に情報を表記(出所:プレスリリース、以下同)

 プラスチック製アイキャッチシールは、消費者が商品を購入する際に、商品特徴や正しい使用方法などを的確に訴求できるメリットがある半面、プラスチック使用量が増え、プラスチックごみや廃棄時のCO2が増大するといった課題があった。そこで同社は、アイキャッチシールに記載していた情報を、ボトル容器へ直接記載するなどの取り組みを進め、アイキャッチシールの全廃を達成した。

プラごみ削減 店頭でボトル容器の横に陳列されるつめかえ容器に情報を表記

 また、誤購入や誤使用を防ぐために必要に応じて添付する注意表示ラベルは、素材をプラスチックからFSC認証紙へと変更。この取り組みにより、約60トンのプラスチックを削減できるとしている。

 同社は19年9月に、プラスチック循環社会の実現に向けて「リデュースイノベーション」「リサイクルイノベーション」に注力していくことを発表。その一環として、21年末までにプラスチック製アイキャッチシールの全廃を目指すとしていた。

プラごみ削減

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -