ニュース
» 2022年01月14日 17時12分 公開

首都圏のマンション相場が高い路線ランキング 3位「日比谷線」、2位「銀座線」、1位は?1位から6位を東京メトロが独占

リーウェイズは、1都3県を対象に、マンション価格の相場が高い鉄道路線のランキングを発表した。1位は「半蔵門線」で、「銀座線」(2位)、「日比谷線」(3位)がそれぞれ続いた。

[ITmedia]

 不動産価値をAIで分析するクラウドサービス「Gate.」(ゲイト)を提供するリーウェイズ(東京都渋谷区)は1月13日、1都3県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)を対象に、マンション価格の相場が高い鉄道路線ランキングを発表した。その結果、1位は「半蔵門線」だった。「銀座線」(2位)、「日比谷線」(3位)がそれぞれ続いたほか、1位から6位を東京メトロの路線が独占した。

photo マンション相場が高い首都圏の鉄道路線は?(提供:ゲッティイメージズ)

 同社は賃貸経営を分析する投資家や、新築物件を開発する不動産会社などの利用を想定し、ランキングを作成。1位の半蔵門線沿線の相場価格は、1億638万円だった。銀座線は1億522万円、日比谷線は9810万円だった。4位以下は「千代田線」(9720万円)、「南北線」(9710万円)、「丸ノ内線」(9459万円)の順だった。トップ10にはその他、「JR山手線」(9108万円)、「都営大江戸線」(8909万円)、「有楽町線」(8396万円)、「都営浅草線」(8374万円)がランクインした。

 ランキング対象は60路線。主に専有面積60〜80平方メートル、築5〜15年の物件情報からマンション価格の平均値を計算し、ランキング化した。同社はランキング結果について「上位には東京都心を走る路線が多くランクインした。ランキングからも『東京一極集中』の傾向がみられる」との見解を示している。

photo 相場価格が高いトップ15路線(リーウェイズ株式会社調べ)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -