コラム
» 2022年01月15日 08時00分 公開

大宮発の“地元カプセルトイ”が、なぜ3万個も売れているのか週末に「へえ」な話(1/4 ページ)

さいたま市大宮区にある名所などをキーホルダーにして、カプセルトイで販売したところ、売れに売れている。地元の喫茶店、いまは存在しないデパートのキーホルダーなどがなぜ売れているのか。生みの親に聞いたところ……。

[土肥義則,ITmedia]

 住みたい街はどこですか――?

 住宅情報誌などから「住みたい街ランキング」が発表されていて、首都圏でいえば「吉祥寺」「恵比寿」「横浜」は人気エリアとして上位に並んでいることが多い。このほかにも「目黒」「渋谷」「鎌倉」あたりも上位に入っていることが多いが、実は埼玉県の“2つの街”も健闘しているのだ。

 不動産サイト「SUUMO」が発表したランキング(2021年関東版)をみると、4位に「大宮」、8位に「浦和」がランクインしているではないか。「たまたまでしょ。近くにマンションが建つので、人気が上昇したのでは?」と思われたかもしれないが、実は大宮と浦和は4年連続でトップ10入りしているのだ。

住みたい街ランキングで「大宮」と「浦和」が上位に(出典:SUUMO)

 だが、しかしである。「住みたい」という人は多くても、街を元気にするような面白いモノは? と聞かれると「うーん。なにかあったかなあ。特に、大宮は浮かばない」と感じたかもしれない。なにもディスっているわけではなく、駅前には「ソニックシティ」があるし、プラネタリウムを楽しめる「さいたま市宇宙劇場」があるし、「鉄道博物館」もある。このほかにも、駅前の「大宮すずらん通り」はにぎわっているし、パワースポットとして有名な「武蔵一宮氷川神社」もある。

住みたい街ランキングで上位にランクインしている、さいたま市の大宮区(提供:ゲッティイメージズ)

 地元住民も「あるにはあるが、うーん、ちょっと違うかも」と感じたかもしれない。であれば、自虐的に強引に引っ張り出せば、面白いモノになるのではないかと考えた人がいる。大宮駅前のファッションビル「アルシェ」で、社長を務める中島祥雄さんだ。

「大宮ガチャ」第1弾は2日で完売

 さいたま市大宮区にある、知る人ぞ知る“名所”をキーホルダーにした「大宮ガチャ」(1回300円)をつくったところ、売れに売れている。2021年3月に第1弾(8種類)を限定1000個で販売したところ、わずか2日で完売。その後も、新しいアイテムを投入しところ、いすれも好評で累計販売数は3万個を超えている。また、9月に浦和版のカプセルトイを発売したところ、こちらも好評で初日に1800個が売れて、累計1万5000個を突破した。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -