3分Biz.
ニュース
» 2022年05月23日 07時00分 公開

若手社会人、4人に1人が「SNSで友達を作る」 使っているのは?趣味が合いそう

SNSの利用者が年々増えている。近年はSNSで友達を作る人も多い。ALL CONNECTの調査では、若手社会人の4人に1人が「SNSで友達を作っている」ことが分かった。

[向井瑞姫,ITmedia]

仕事に役立つ調査データ:

消費者の傾向、若者の価値観、働き方の変化――このコーナーでは、ビジネスパーソンの働き方や企業の戦略立案に役立つようなさまざまな調査データを紹介していく。

 SNSの利用者は年々増えている。総務省の調査によると、2020年の国内SNS利用率は73.8%で、前年より4.8ポイント上昇。20代では全体の9割以上がSNSを活用している。

 近年はSNSで友達を作る人も多い。ALL CONNECT(福井市)が20〜30代の社会人を対象に実施した調査では、社会人になってからできた友達とはどこで出会ったかを問う設問で、SNS(25.7%)は職場(75.3%)に次いで2位。4人に1人が回答した。

SNSで友達を作る人が増えている(画像はイメージ、提供:ゲッティイメージズ)
社会人になってからできた友達とどこでであったか(画像はプレスリリースより、以下同)

SNSでの友達づくりをどう思う? 使うSNSは?

 SNSを通じて友達をつくることに対する賛否については、「賛成」と「やや賛成」、合わせて76.0%の人がSNSでの友達づくりに賛成と回答した。特に20代〜30代男女の多くが、SNSでの友達づくりに抵抗を感じないという結果になった。

 具体的に友達づくりで利用したSNSを複数回答で聞いたところ、Twitterが最多の83.8%。以下、Instagram(53.2%)、Facebook(33.1%)と続いた。1位のTwitterについては30代男性、20代男性の順に利用率が高く、女性より男性の方が友達づくりにTwitterを利用している。

Twitter、Instagram、Facebookがあがった

職場の人とSNSでつながるのは……

 職場の人のSNSをブロックや非表示にしたことがあるかについては、全体の16.5%が「ある」と回答した。友達づくりの場として上位を占めた「職場」と「SNS」だが、職場の人にSNSでプライベートの情報までは見られたくないという人も少なくない。

職場の人のSNSをブロックや非表示にしたことがあるか

 SNSで友達をつくる上で重視することを複数回答で聞いたところ、「趣味が合いそう」(43.7%)を筆頭に、「価値観が合いそう」(41.0%)、「SNSの投稿内容」(27.3%)と続いた。

 調査は同社が、4月7〜8日、社会人になってから新しい友達ができたことがあると回答した20代〜30代会社員男女600人に、インターネットで実施した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -