ニュース
» 2022年06月30日 07時00分 公開

食洗機を阻む30センチの壁 「一家に一台」になれるのか、メーカーの苦悩令和の神器(3/4 ページ)

[菊地央里子ITmedia]

小さくて安い、を維持するサンコー

 食器洗いは、1人暮らしでもファミリーでも、どの層をとっても発生する家事だ。「1〜2人分の食洗機が欲しい」「単身者でも使える食洗機はないか」。こういったニッチな声を製品化したのが、サンコーの食洗機「ラクアmini」だ。

 サンコーは、コロナ直前の20年2月にファミリー向けの食洗機「ラクア」を販売開始。それに寄せられた購入者のレビューを見ていたところ、上記のようなコメントが多々寄せられており、開発を始めたという。

食洗機 20年2月に販売開始した食洗機「ラクア」(写真提供:サンコー)

 高い洗浄力を維持するため、庫内の水流の出口や当たる角度を調整。箸など小物入れを斜めに立てるなど省スペース化を図り、1〜2人分の食器が入る内容量を確保した。22年2月から発売したところ、人気を博し5月末時点で約1000台を販売。現時点でも予約待ちの状態が続き、ラクアシリーズ全体では、約12億7000万円を売り上げたという。

食洗機 約3カ月で1000台売れたラクアmini(写真提供:サンコー)

 同社広報部のえき晋介さんによると、「食洗機は常に外に出して使うため、目に触れる家電の1つです。インテリアの意味合いも込めて、極力シンプルなデザインにするなど、外観にもこだわりました」という。また、円安や原料費高騰のあおりは受けているそうだが、値段も原価ギリギリまで抑えて、ターゲットである若年層が購入しやすい価格帯を維持している。

食洗機 ラクアとラクアmini

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.