メディア

菊地央里子

菊地央里子がアイティメディアで執筆した記事一覧です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
記事一覧

「次の駅まで」に読めるハナシ:

子どもの頃に憧れた「お菓子の城」を形にできる商品がある。明治が1月16日に発売した「明治 子どものころ夢に見た、お菓子でつくる大きな大きなお城キット」だ。商品化の経緯を、同社グローバルカカオ事業本部カカオマーケティング部の杉山詩織さんに聞いた。

()

「次の駅まで」に読めるハナシ:

日本の伝統的な暖房器具である「こたつ」。最近では、従来通り机にセットして使うだけでなく、「着る」タイプも登場するなど進化を遂げている。こうした中、ゲーミング家具ブランド「Bauhutte(バウヒュッテ)」を手掛けるビーズ社の「ゲーミング着るこたつ布団」が集めている。開発秘話を同社に聞いた。

()

美容系総合ポータルサイト「@cosme」を運営するアイスタイル(東京都港区)は12月7日、「@cosmeベストコスメアワード2023」を発表した。3月にマスク着用が任意となり、人々のメークに対する意欲が回復する一方で、物価高により家計が圧迫されるなど、化粧品業界にとっては、追い風と向かい風の両方が吹く1年となった。

()

11月24〜12月1日の8日間:

アマゾンジャパンは、年末のビッグセール「Amazon ブラックフライデー」を11月24日〜12月1日の8日間開催する。7月に開催したプライムデーで初めて実施した、買い逃しを防ぐ先行セールや、注文・閲覧履歴に基づく「パーソナライズ表示機能」を今回も導入し、年末年始に向けた購買需要の取り込みを図る。

()

猛暑に商機 「ひんやりグッズ」の狙い:

猛暑を少しでも快適に過ごそうと、暑さ対策グッズは多様化が進んでいる。ネッククーラーや手持ち扇風機などが新しい定番商品になる中、着るタイプの暑さ対策グッズにも注目が集まっている。

()

あの話題は今:

コロナ禍当初、大きな社会問題となったマスク不足。解消の一助となったのが、シャープによるマスクの生産・販売だ。アフター・コロナへシフトした現在、シャープのマスクはどうなっているのか。広報担当者に話を聞いた。

()

横浜と並ぶ2強:

首都圏の「住みたい街」2強として、横浜とともに10年近くトップ3にランクインしている吉祥寺。その人気はコロナ禍でも健在で、今年のランキングでも2位となった。なぜ吉祥寺は、男女や年代を問わず支持されるのか。住まいと街の関係に詳しい、東京情報堂の代表を務める中川寛子氏に話を聞いた。

()

年内まで実施予定:

東武ストア(東京都板橋区)は、8月1日から「緊急値下げ宣言」と題したセールを実施している。値上げが相次ぐ中、大規模なセールを実施した背景には、購入点数の減少を食い止めたい狙いがあるという。

()

経済の「雑学」:

「また値上げ 節約生活 もう音上げ」。こちらは第一生命保険が主催する「サラっと一句!わたしの川柳コンクール」で、今年1位に選ばれた川柳です。このコンクールは前回まで「第一生命サラリーマン川柳コンクール」と呼ばれていました。

()

猛暑に商機 「ひんやりグッズ」の狙い:

暑い夏の風呂上がり。温泉や銭湯の脱衣所に置いてあるような、大きな扇風機の風に当たるのはとても気持ちいい。自宅にいながらでもできたらいいのに――。そんな社員の思い付きから生まれたユニークな扇風機がある。

()

泡と香りにこだわり:

アサヒビールは7月11日から、プレミアムビールの新ブランド「アサヒ食彩」を発売する。コンビニ限定の発売で、価格は284円(340ミリリットル)。開栓するときめ細かいもこもこの泡が自然発生し、飲食店のジョッキで飲む樽生ビールのような味わいが楽しめる「生ジョッキ缶」の第2弾となる。

()

4LDKまで対応:

ダイソンは6月28日、同社初となる水拭き機能を搭載したコードレス掃除機「Dyson V12s Detect Slim Submarine(ディテクト スリム サブマリン)コードレスクリーナー」(直販価格12万1000円)を発売した。かねてより需要が高かった水拭き機能を搭載した同モデルは、掃除機をかけて大きめのごみを取り除いてから、ヘッドを付け替えて水拭きで仕上げるという“二刀流”だ。

()

セールの功罪:

米ギャップの日本法人ギャップジャパン(東京都渋谷区)が、旗艦店「Gapフラッグシップ銀座」(東京都中央区)を7月31日に閉店する。最後の旗艦店閉店は、ブランドにとってマイナスしかないのではないか。専門家によると、必ずしもそうではないようだ。

()

まさに総力戦:

セブン&アイ・ホールディングスは6月16日、イトーヨーカ堂とヨークを9月1日に合併すると発表した。「物言う株主」たちがイトーヨーカ堂の撤退も含んだ改革を経営陣に要求し続けている中、今回の合併にはどのような狙いがあるのだろうか。小売・流通アナリストに聞いた。

()

3分インタビュー:

「よなよなエール」「正気のサタン」といったクラフトビールで知られるヤッホーブルーイングが、「隠れ節目祝い by よなよなエール」という企画をスタートした。企画のきっかけは「解約したい」という連絡だったという。担当者に詳しい話を聞いた。

()