調査リポート
» 2022年10月26日 16時10分 公開

7割が「不満」 冬ボーナスの支給金額 3位「5万〜10万円」、2位「30万〜50万円」、1位は?「コロナ前より減った」は3割(1/2 ページ)

ヒューネルがボーナスに関する調査結果を発表した。最も多くの人が回答した金額帯はいくらだったのか?

仕事に役立つ調査データ:

消費者の傾向、若者の価値観、働き方の変化――このコーナーでは、ビジネスパーソンの働き方や企業の戦略立案に役立つようなさまざまな調査データを紹介していく。

 厚生労働省の「毎月勤労統計調査」によると、2021年の平均ボーナスは夏が38万268円、冬が38万787円だったが、今年はどうか。個人向け金融サービスなどを展開するヒューネル(東京都文京区)は、「冬のボーナス」に関する調査を実施した。その結果、22年冬のボーナスの支給予定額は「10万〜30万円未満」(188人)が最多となった。

冬のボーナス 冬のボーナスに関する調査

 冬ボーナスの支給予定額は「10万〜30万円未満」(188人)が最も多く、「30万〜50万円未満」(106人)、「5万〜10万円」(66人)と続いた。100万円を超える人もわずかだが見てとれる。

冬のボーナス 冬のボーナスの支給予定額 (出所:プレスリリース、以下同)

 ボーナスの使い道について尋ねると、「使わない・貯金・預金」(276人)が最多となった。2位は「生活費・固定費に充てる」(161人)で、コロナ禍による企業の業績悪化、値上げなどが影響していることがうかがえる。

 また、4位には「投資」(55人)がランクインした。野村総合研究所が3年ごとに行う調査によると、投資する人の割合は年々増えており、15年は16%だったが21年には20%を超えた。

冬のボーナス 冬のボーナスの使い道
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.