ニュース
» 2007年03月20日 17時50分 公開

プジョー、待望の新2シリーズ「207」国内発表+D Style News

プジョーが、同社“2”シリーズの最新モデル「プジョー 207」を発表。プジョー躍進の原動力となったヒット車「206」の後継ということで、日本国内での販売が待ち望まれていた注目モデルだ。

[ITmedia]

 プジョー・ジャポンは3月20日、新型コンパクトカー「207」シリーズを発表した。「207 GT」が3月20日から、「207」「207 Cielo(シエロ)」が5月7日から販売開始する。価格は、「207」が239万円〜、「207 Cielo」が264万円〜、「207 Cielo Leather」(受注生産)が279万円〜、「207 GT」が264万円〜。

photo
photophotophoto 「207」(左)「207 Cielo(シエロ)」(中央)「207 GT」(右)

 同社“2”シリーズの最新モデル。モデルチェンジは1999年に発表した「206」以来、約8年ぶりとなる。走行性能に定評ある2シリーズの最新車種として、本国フランスをはじめ欧州ではすでに昨年登場していた。プジョー躍進の原動力となったヒットモデル206の後継ということで、日本国内での販売が待ち望まれていた注目モデルだ。

photophoto

 前後長780ミリ超大型ヘッドランプと大型エアインテークによる躍動感に満ちたフロントが印象的な207は、206よりも一回り大きくなったことで室内幅は206に比べてプラス105ミリ、室内高はプラス50ミリと室内空間が拡大した。ボディカラーは全11色と豊富なバリエーションをラインアップ。

 パワートレインは1.6リッターNA DOHC16バルブエンジン(207、207 Cielo)および1.6リッターターボ付き直噴DOHC16バルブエンジン(207 GT)の2種類を用意。両エンジンとも、PSAプジョー・シトロエンとBMWグループとの共同開発によるものだ。NAエンジンには4速ATが、ターボ直噴エンジンには5速MTがそれぞれ組み合わせされる。

photophoto 1.6リッターNA DOHC16バルブエンジン(左)と1.6リッターターボ付き直噴DOHC16バルブエンジン(右)

 プジョーならではの“猫足”も健在。足回りにはマクファーソンストラットとトーションビームを採用した新設計のサスペンションを装備した。

 実用燃費の向上を目的とした新世代の電動パワーステアリング採用。欧州の新しい安全基準にも適合しており、欧州衝突安全テスト「EURO-NCAP」でカテゴリー中最高となる計12個の星を獲得している。そのほか、左右独立式オートエアコン、アルミホイール、チルト/テレスコピックステアリング、オートヘッドランプ、雨滴感知式オートワイパー、革巻ステアリングホイールなどを全車に標準装備するなど充実した基本装備を誇る。

photophoto パノラミックガラスルーフを採用(左:207 Cielo、207GTに設定)、斬新な素材とデザインを採用したダッシュボード(右)
photophotophoto 「見る人感動させるスタイル、見る人の情熱をかき立てる走り、すべての人の信頼を勝ち取る品質、社会や環境と共存するためのイノベーション。これが207の4つのコンセプト」(プジョー・ジャポン社長のティエリー・ポワラ氏:左)「207は歴代プジョー車の最高傑作。新しいベンチマークとなる車」(オートモビル・プジョーCEOのフレデリック・サンジュール氏:右)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -