ニュース
» 2007年10月25日 00時00分 公開

電気モーターでクワトロに変身――アウディ「メトロプロジェクト クワトロ」+D Style News 東京モーターショー

アウディがコンセプトモデル「メトロプロジェクト クワトロ」を東京モーターショーで発表。電気モーターをリアアクスルに搭載、エンジンと同時作動で前輪駆動からクワトロドライブ(4輪駆動)にチェンジする。

[山田祐介,ITmedia]

 アウディは10月24日、コンパクトカーのコンセプトモデル「メトロプロジェクト クワトロ」を、東京モーターショーで世界初公開した。

photo メトロプロジェクト クワトロ

 「東京のような大都市に適した、スポーティなコンパクトカー」というこのモデルは、独自のハイブリット駆動システムを採用している。まずエンジンとして、150馬力(110kW)の出力を持つ1.4リッターTFSIエンジンを搭載し、加えてリアアクスルには41馬力(30kW)の電気モーターを備えた。ガソリンエンジンのみを動かせば前輪駆動となり、電気モーターを併用すれば四輪駆動の“クワトロドライブ”が可能となる。

 また、住宅街などでの走行に便利な電気モーターのみでの駆動も可能。さらにこの排気ガスを出さない電気モードで、最長100キロメートルの走行が行えるという。「この駆動システムは、ガソリンエンジンのみで走行する場合と比べ、燃料消費量と排出ガスを約15%ほど低減できる」(同社)。

photophotophoto

 ボディタイプは3ドアの4シーター。デザインは全体的に丸みを帯びている。サイドのウインドウを縁取るアルミニウム製のアーチが印象的だ。大きく開口したフロントグリルには格子状のメッシュが施され、ヘッドライトからサイド、テールランプへと流れるキャラクターラインも備えている。

photophoto

 また特徴的な装備として、「アウディ モバイルデバイス」をセンターコンソールに配置。取り外し可能なポータブルユニットで、車両の遠隔操作(ヒーターのオン/オフなど)や携帯電話、ナビゲーション、コンパクトAVプレーヤーなどとして利用することができる。デバイスのインタフェースはタッチパネル式。

 今回のメトロプロジェクト クワトロで提案した要素は、2年後に発表を予定している「A1」に取り込んでいくこともあわせて発表された。

関連キーワード

アウディ | 東京モーターショー


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -