ニュース
» 2004年06月08日 10時18分 公開

Appleが未解決の脆弱性用セキュリティパッチをリリース

Appleは、Mac OS Xに存在する未解決の脆弱性をフィックスするアップデートを発表した。

[ITmedia]

 Apple Computerは、Mac OS X用のセキュリティアップデート「Security Update 2004-06-07」をリリースした。Secuniaから指摘されていたディスクイメージの後処理をめぐる脆弱性に関するパッチを含む。システム環境設定のソフトウェア・アップデート・パネルからダウンロードすることができる。サイズは1.3Mバイトで要再起動。

 Appleは、すべてのMacintoshユーザーにこのアップデートを推奨している。アップデートされているのは、 DiskImages、LaunchServices、Safari、ターミナル。同社によれば、「アップデート後のMac OS Xでは、書類を開いたり、URLをクリックしたりすることによって、ある特定のアプリケーションが初めて起動する場合に、起動してよいかどうかの意思確認が行われるようになる」という。

 アップデートの詳細は、ここ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -