速報
» 2004年11月13日 08時31分 公開

Novell、WordPerfect問題でMicrosoftを提訴

NetWareで和解したNovellとMSだが、WordPerfectを巡って再び法廷闘争が始まった。

[ITmedia]

 米Novellは11月12日、同社がかつて保有していたワープロソフトWordPerfectをめぐり、Microsoftの反競争的行為で損害を被ったとして、予告通りユタ州の連邦地裁に提訴した。

 MicrosoftがWindowsに関する重要な技術情報をNovellに公開しなかったことが原因で、WordPerfectの新バージョンやほかの事務用ソフトを開発する能力が損なわれたとNovell側は主張。さらに、MicrosoftがWordPerfectなどを市場から締め出すことを目的とした技術をWindowsに組み込んだうえ、独占力を行使してハードウェアパートナー各社によるWordPerfect採用を阻止したと訴えている。

 Novellは1994年、合併を通じてWordPerfectを取得、その後1996年にCorelに売却した。WordPerfectは1990年にはワープロソフト市場で約50%のシェアを握っていたが、MicrosoftのWordに押され、Corelに売却した時のシェアは10%を切っていた。

 NovellとMicrosoftは今回の提訴を前に集中的な交渉を重ね、11月8日にはNetWareの問題に関連して和解を発表。しかしWordPerfectの問題では両社の合意に至らなかった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -