速報
» 2004年12月08日 07時34分 公開

Oracle、Dellなど大手4社がグリッドプロジェクト立ち上げ

Dell、EMC、Intel、Oracleの共同グリッドプロジェクト、「MegaGrid」が始動する。

[ITmedia]

 米Dell、EMC、Intel、Oracleの4社が12月7日、エンタープライズグリッドプロジェクト「MegaGrid」の立ち上げを発表した。4社の技術とリソースを結集して顧客の負担軽減を図り、従来のSMPをしのぐグリッドコンピューティングソリューションの開発に当たる。

 プロジェクトはOracleのGlobal IT Data Centerでホスティングされ、同社がOracle 10g技術インフラ(Oracle Application Server 10g/Oracle Database 10g/Oracle Real Application Clusters 10g/Oracle Enterprise Manager 10g)を提供。DellがIntelのXeonおよびItaniumプロセッサを搭載したPowerEdgeサーバを、EMCはCLARiiON CXとSymmetrix DMXで構成するネットワークストレージシステムなどを提供する。

 プロジェクトの目標は、あらゆる業界の企業や組織がエンタープライズグリッドコンピューティングの恩恵を受けられるようにすること。コストとパフォーマンスを考慮したグリッドコンピューティングインフラ構築に向け、業界標準となるベストプラクティスの設計、テスト、文書化に取り組む。

 サンフランシスコで開催のOracle OpenWorldで同プロジェクトのデモが予定されているほか、4社のブースでも関連のプレゼンやデモが行われている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ