速報
» 2005年01月28日 16時52分 公開

装いも新たなIBM Workplace

Lotusphereでは、Workplace Collaborative Servicesなどの新バージョンが発表された。(IDG)

[IDG Japan]
IDG

 今年のLotusphereカンファレンスでの発表の1つに、複数の連携するサービスを1つにまとめた製品、IBM Workplaceの新バージョンがある。

 Workplace Collaborative Services 2.5は、インスタントメッセージ(IM)、電子メール、Web会議、チームコラボレーション、ドキュメント管理、マネジメント、ラーニングなどの、あらかじめ用意され再利用可能なコラボレーションサービスを、ユーザーがうまく組み合わせて使えるようSOA上に構築する。

 「われわれは、CPUごとにライセンスされた1つの製品として、これらすべての能力をまとめて新たに提供する。この製品のインストールと容量は劇的に改善され、ワークプレースサービスのクライアント側インタフェースをリッチなものにするための強化が施されている」とIBM Lotusでワークプレース/ポータル/コラボレーション製品担当副社長を務めるケン・ビスコンティ氏は言う。

 新サービスはワークプレース構想の一部であり、エンタープライズの作業方法を前進させる、「ロールベースのコラボレーション作業環境」であるとビスコンティ氏。

 Workplace Collaboration Services 2.5は「Microsoftの製品ならば、4種類の製品が必要になる機能を実現する」と同氏は付け加えた。

 Osterman Researchのマイケル・オスターマン社長によれば、Workplaceの新バージョンは、Lotusのコラボレーション向け製品を、さらに緊密に統合したものであるという。

 IBMは「Microsoftは1つのフレームワークにすべてを統合したが、IBMも同じような手法で対抗しようとしている。すべてをWebサービスにまとめるのは正しい方法だ」(オスターマン氏)

 IBMにとって、このコラボレーションとともに推進される統合とSOAを続けることは極めて重要だという。

 MicrosoftがExchange、Live Communication Server、Live Meeting、その他のOffice製品間の連携を強めるに従い、「市場はますますExchangeへと傾いている」とオスターマン氏。

 Workplace Collaborative Services 2.5の別の機能としては、ユーザーが複数の作業からの情報を統合して管理するのを助け、Microsoft OfficeとWindowsとのより深い統合をもたらすActivity Explorer機能がある。

 Lotusphereカンファレンスではこのほか、DYS AnalyticsがControlの標準版を発表した。これは、IBM Lotus Domino、Lotus IM、Team Workplaceのためにモニタリング、アナリシス、アラーティング、レポーティングを提供するように設計されている。

 Controlのエンタープライズ版は中小企業にとっては複雑すぎたとDYS Analyticsの製品担当副社長、アンドリュー・ウルフ氏は言う。

 「当社は特に中小企業に規模を合わせたバージョンを作成した。これはエンタープライズ版より配置しやすく、使い方は同じだ」(ウルフ氏)

 iLumin Software Servicesは、電子メール管理を改善したNotes用のAssentor Mailbox Managerを発表した。これは、組織が電子メールサーバの容量と性能をポリシー管理に準拠して管理するのを助ける。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -