ニュース
» 2005年04月01日 16時36分 公開

日立、秘密分散法を活用した情報漏えい対策製品を拡充

日立は、秘密分散法を活用した情報漏えい対策製品「モバイル割符 mobile M」の販売を開始した。

[ITmedia]

 日立製作所 情報・通信グループは4月1日、秘密分散法を活用した情報漏えい対策製品「モバイル割符 mobile M」の販売を開始した。

 同社の「モバイル割符」は、システムファイル以外のデータやプログラムを秘密分散法により、PCのローカルディスクとUSBメモリに分割して保存するソフト。PCとUSBメモリの両方がそろわないと、ファイルの閲覧などが行えないため、高いセキュリティレベルを確保できる。

 今回発表したmobile Mでは、分割したデータの保存先をPCではなく、MOなどの媒体と専用のUSBメモリに分けて保存できるようにした。盗難や紛失による情報漏えいを防止しながら、重要なデータを顧客へ輸送するといった利用が可能。専用USBメモリ内のソフトを使って分割を行うため、どのPCでもモバイル割符の機能を利用でき、拠点や顧客先などを経由した修正と移動を繰り返す用途にも向く。

 専用USBメモリには、256Mバイト/512Mバイト/1Gバイトを用意した。価格は26万1450円から。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -