速報
» 2005年04月06日 08時33分 公開

MS、放送/映画業界向けのインフラソフト発表

MicrosoftはSOAを導入したインフラソフトConnected Services Frameworkの提供を放送/映画業界に拡大する。

[ITmedia]

 米Microsoftは4月5日、業界向けの統合型サーバベースソフト「Connected Services Framework」の提供を放送/映画業界に拡大すると発表した。デジタルコンテンツの製作、管理、配信作業が合理化できると説明している。

 Microsoftによれば、Connected Services Frameworkではサービス指向アーキテクチャ(SOA)を導入、デジタル資産管理やコンテンツ配信プロセスといった共有サービスにおいて相互運用性、管理性、拡張性を備えたインフラを提供。XML、SOAP、WSDLなどの標準技術が使われているため、顧客の既存の技術の拡張として、デジタル資産をプラットフォームとアプリケーション上でシームレスに移動できる接続型システムの構築が可能になる。

 「放送/映画業界では昔から業務とITインフラが分断されていたが、デジタルコンテンツへの移行が加速する中、コンテンツを統合的かつ効率的に開発、管理、配信できる手法の確立が急務になっている」。MicrosoftはIDCアナリストの言葉を引用する形でこう指摘している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -