ニュース
» 2005年04月07日 16時16分 公開

Windows Server 2003 SP1日本語版が完成、4月19日より提供開始

「Windows Server 2003 Service Pack 1」日本語版の開発が完了した。4月17日より、同社Webサイトを通じて提供が開始される。

[ITmedia]

 マイクロソフトは4月7日、「Windows Server 2003 Service Pack 1」日本語版の開発が完了したことを明らかにした。4月19日より、同社Webサイトを通じて無償ダウンロード提供を開始する。

 Windows Server 2003 SP1では、これまでに発見された不具合や脆弱性がひとまとめに修正される。その中には、2003年に指摘された、リモートから「%USERPROFILE%」配下にあるフォルダにアクセスできてしまうという脆弱性も含まれている。

 Windows XP SP2でも提供された「Windows ファイアウォール」や「データ実行防止機能(DEP)」といったセキュリティ機能が提供される。また、「リモート アクセス検疫サービス」を簡単に実装できるようになるほか、セキュリティポリシー作成を支援する「セキュリティの構成ウィザード」といった新機能が追加される。

 英語版については3月30日より提供が開始されていたが、このたび日本語版の開発も完了。7日より製造工程向けに出荷が開始された。

 マイクロソフトではリリースに当たり、650種類のアプリケーションについて互換性テストを実施。動作確認情報をWeb上で公開している。

 なおこれと同時に、64ビット版の「Microsoft Windows Server 2003 x64 Editions」「Microsoft Windows XP Professional x64 Edition」についても日本語版の開発が完了した。準備が整いしだい、同社およびパートナーを通じて提供を開始するという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -