速報
» 2005年04月23日 08時06分 公開

IBM、イスラエル政府と共同で新興オープンソース企業支援

IBMはイスラエル政府と協力し、独立系ソフトベンダーの支援を行う。

[ITmedia]

 米IBMは4月22日、イスラエルでのオープン標準ベースソリューション普及促進を目指し、イスラエル産業貿易労働省と協力関係を結んだと発表した。

 合意に基づき、IBMが技術、マーケティング、販売の各分野でイスラエルの新興企業を支援。IBMのオープン技術を基盤としたカスタム版のソリューション導入・開発を後押しし、オンデマンド企業となるための助力を行う。

 イスラエル産業貿易労働省では、国内の新興企業と多国籍企業を結んで成長を支援する目的で研究開発協力プログラムを実施しており、IBMとの合意はその一環。同省との公式関係を確立したIT企業の中ではIBMが最大手になるという。

 IBMと同省は共同で、RFID、グリッド、オートノミックコンピューティング、Linuxといった新技術をベースとしたオンデマンドソリューション開発に当たっている独立系ソフトベンダー(ISV)を選定。助成金の拠出と並んでIBMから技術、マーケティング、販売リソースを提供、イスラエルにあるIBMのイノベーションセンターを活用できるようにする。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -