ニュース
» 2005年05月23日 13時30分 公開

SAPPHIRE '05 Boston Report:SAPのSOAテクノロジー売り込みにユーザーの反応はさまざま (1/2)

5月中旬、ボストンで開催されたSAPPHIRE '05でSAPは「Enterprise Services Architecture」(ESA)を売り込んだが、ユーザーらはさまざまな反応を見せている。

[IDG Japan]
IDG

 NetWeaverテクノロジープラットフォームの売り込みに拍車をかけるSAPに対して、ユーザーらはさまざまな反応を見せている。

 ERPおよびビジネスアプリケーションベンダーであるSAPは5月中旬、ボストンで開催されたSAPPHIRE '05で「Enterprise Services Architecture」(ESA)を売り込んだ。ESAは、複数のアプリケーションにまたがる、エンドツーエンドのワークフローを簡単に組み上げるためのブループリントだという。その構想の中核は、NetWeaverミドルウェアプラットフォーム。SAPによれば、NetWeaverを使えば、mySAP Business Suiteと他社アプリケーションおよびカスタムアプリケーションを統合できるという。

 NetWeaverの採用は段階的になるだろうとSAPの会長兼CEO、ヘニング・カガーマン氏は話す。

 「これはツナミではない。あなたたちが管理できるペースでわれわれは次の重要なものを提供していく」(カガーマン氏)

 ESAの製品群が進化するに伴い、SAPは伝統的なライセンス方式に基づく価格スキームから「バリューベース価格」と呼ぶ新しいものに移行していくことをカガーマン氏は示唆した。

 このほかにもSAPは、4月下旬にコペンハーゲンで行われた欧州SAPPHIREでの発表に続き、Computer AssociatesやCisco Systemsを含む数社とのパートナーシップを追加発表している。

 同社はまた、mySAP CRM 2005も発表した。電子メールレスポンス管理システムを含むマーケティング機能が強化されたほか、顧客らが保証や返品の手続きを自動化できるようカスタマーサービス管理機能も改善されている。同CRMアプリケーションは10月に出荷される予定。

 カガーマン氏によれば、これらを含むSAPすべての製品はBusiness Process Platformの上に構築されるようになるという。

NetAppは「戦略の一部」と高く評価

 SAPPHIREではESAの進化に熱中するユーザーがいた。

 「NetWeaver製品群はわれわれのビジネス戦略の一部だ」と話すのは、Network Applianceでグローバルサービスを担当するエド・ディーニハン副社長。ストレージベンダーの同社はSAPのパートナーでもある。彼は、18日午前のキーノートでカガーマン氏からステージに招き上げられた4社の顧客のうちの一人だ。

 ディーニハン氏は、遠隔地のオンサイトサポートサービスを統合しようとしており、「NetWeaverを使うことによって、既に構築したシステムを捨てる必要がないと考えている。大事なことは、カスタマーの望むペースで進化できるということだ」と話す。

 ペンシルベニア州マリーズビルのRespironicsでITディレクターを務めるエドワード・ピシュラ・ジュニア氏は、JavaベースのNetWeaverプラットフォームに別の用途を考えている。競争優位を確保すべく、自社のソフトウェアをカスタマイズするのに使えるという。

       1|2 次のページへ

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -