ニュース
» 2005年06月02日 21時51分 公開

中堅企業における事業継続計画の立案から見直しまでを支援、NECソフト

NECソフトは、中堅企業における事業継続計画(Business Continuity Plan:BCP)の策定を支援するサービスを提供する。

[ITmedia]

 NECソフトは6月2日、中堅企業を対象に、事業継続計画(Business Continuity Plan:BCP)の策定を支援するサービスを提供することを発表した。

 ITシステムが企業のビジネスそのものを左右するようになった現在、地震を初めとする災害やオペレーションミス、不正アクセスなどのインシデントが発生した場合にもITシステムを速やかに復旧させ、事業の継続を実現するBCPの策定は、重要な課題とされている。2005年3月には、経済産業省が「事業継続計画策定ガイドライン」を発表し、復旧計画の策定を推奨している。

 今回NECソフトが提供するサービスは、米SunGardとの提携およびこれまでの災害復旧実績を踏まえ、中堅企業におけるBCP策定を支援するもの。計画策定の前提となる影響度の分析にはじまり、事業復旧計画/IT復旧計画の策定支援、計画に基づく訓練の実施と見直しにいたるまでをサポートする。価格は個別見積もり。

 NECソフトでは、必要に応じてSANによる災害対策システムや安否確認サービス、アウトソーシングサービスといった製品群を組み合わせることで、日々の運用管理までを支援するという。また、6月8日から10日にかけて開催されるInterop Tokyo 2005の展示会でも同サービスを紹介する計画だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ