ニュース
» 2005年06月10日 01時17分 公開

ブルーコート、プロキシアプライアンスに小型モデルを追加

ブルーコートシステムズはInterop Tokyo 2005に合わせ、プロキシアプライアンスのローエンドモデル「ProxySG 200」を発表した。

[ITmedia]

 ブルーコートシステムズはInterop Tokyo 2005に合わせ、中小企業や大企業の支店、営業所などを対象としたプロキシアプライアンスの新製品「ProxySG 200」を発表した。

 ProxySGは、プロキシ技術をベースに、WebフィルタリングやWeb経由で侵入するウイルス/スパイウェアの検出、インスタントメッセンジャーやP2P型ファイル共有ソフトの制御などを実現するアプライアンス製品。GUIによって容易にポリシーを設定でき、しかも「例外規定」などをきめ細かく定義できることが特徴だ。

 同シリーズではこれまで、中規模向けの「ProxySG 400」から、ハイエンドの「同8000」まで、3モデルが提供されてきた。ProxySG 200は、50ユーザー以下の中小規模ネットワークをターゲットに、新たに追加されたモデルだ。基本的な機能は従来の製品と同じだが、コストパフォーマンスを重視している。

ProxySG 200 コンパクトなサイズのProxySG 200

 小型モデルをリリースした背景には、「企業本社側で最低限のポリシーを定めるとともに、拠点ごとに利用パターンや環境に応じてポリシーをカスタマイズして運用したいというニーズがあった」(同社)。価格はオープンプライスで、7月より出荷を開始する予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -