速報
» 2005年06月28日 08時22分 公開

IBMとSun、Java関連の提携を10年延長

IBMとSunはJava関連の提携を2016年まで延長するほか、IBMがSunのJava技術ライセンシー向けにJava互換製品提供すると発表した。

[ITmedia]

 米IBMとSun Microsystemsは6月27日、Java技術関連の提携を2016年まで10年間延長すると発表した。同時にIBMがSPARCのほかx86とx64システムでSolaris 10をサポートする計画も明らかにした。

 提携に基づき、IBMは引き続きSunからJava Platform、Enterprise Edition (Java EE)、同Standard Edition (Java SE) 、同Micro Edition (Java ME) 、Java CardJava技術のライセンスを受け、ミドルウェアやWebサービスなどのソフト製品に利用する。

 IBMは新たにチャネルパートナーとしての役割も担い、組み込み市場でSunのJava技術ライセンシー向けにJava互換製品提供に当たる。

 Solaris 10のサポートは、AMD Opteron搭載のプラットフォームでDB2、Rational、Tivoli、WebSphereを対応させる予定。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ