ニュース
» 2005年07月12日 12時14分 公開

Microsoft Worldwide Partner Conference 2005:Microsoftが「BizTalk Server 2006」のベータ準備完了、製品版は来春 (1/2)

Microsoft Worldwide Partner Conferenceでの基調講演で、バルマーCEOがBizTalk Server 2006を今年出荷するとしたが、どうやらメモを見落としたようだ。近くβ1が出荷され、製品版は来春になるという。(IDG)

[IDG Japan]
IDG

 Microsoftは、「BizTalk Server 2006」の第1ベータ版を2週間後にリリースする予定だ。同社のプロダクトマネジャーが7月11日に明らかにした。

 Microsoftは以前から、第1β版のリリース時期として2005年夏を目標としていた。同社のビジネスプロセス/インテグレーション部門のグループプロダクトマネジャー、スティーブン・マーティン氏は7月11日、同β版が2週間以内に完成する見込みであることをIDG News Serviceに明らかにした。

 しかし、Microsoftのビジネスプロセス/Webサービス・インテグレーションソフトウェアの次期バージョンとなるBizTalk Server 2006の実際のリリース時期をめぐって、若干の混乱が生じている。一部の報道では、BizTalk Server 2006は予定通り、11月7日に出荷される見込みだと伝えられていたが、マーティン氏によると、実際の出荷は2006年1〜3月期になるとしている。

 Microsoftは、BizTalk Server 2006の発表自体は「SQL Server 2005」および「Visual Studio 2005」と一緒に行う予定だ。SQL Server 2005とVisual Studio 2005はいずれも、11月7日にサンフランシスコで行われる発表会と同時に出荷される見込みだ。

 Microsoftのパートナー企業の地域ディレクターは、「MicrosoftがBizTalk Server 2006をSQL ServerとVisual Studioの新バージョンと同時に出荷すると言ったことはないが、即日出荷予定のほかの製品と一緒にBizTalkを発表するという方針が混乱を招いた」と話している。

 ニューヨークに本社を置くコンサルティング会社Citigate Hudsonで新技術担当責任者を務めるアンドリュー・ブラスト氏は、「BizTalkは、SQL ServerやVisual Studioとセットで扱われてきた。報道でも半数の記事が、Microsoftが11月にBizTalkを出荷すると書いていた」と話す。

 「これが真実でないとすれば、紛らわしい話だ。少なくとも、混乱を招いたことは確かだ」(ブラスト氏)

バルマーCEOがメモ見落とし?

 さらに混乱に拍車をかけたのが、Microsoftのスティーブ・バルマーCEOが、BizTalkの出荷予定時期に関するメモを見落としたと思えるような出来事だ。バルマー氏は7月10日、ミネアポリスで開催されたMicrosoft Worldwide Partner Conferenceでの基調講演の中で、Microsoftが今年出荷する製品の1つとしてBizTalk Server 2006を挙げたのだ。

       1|2 次のページへ

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -