ニュース
» 2005年07月15日 13時31分 公開

デル、中堅/中小企業向けにSQL Serverプリインストールモデルを発売

デルは、中堅/中小企業を対象に、PowerEdgeサーバにMicrosoft SQL Server 2000をプリインストールしたモデルの販売を開始した。

[ITmedia]

 デルは7月14日より、中堅/中小企業を対象に、IAサーバ「PowerEdge」に「Microsoft SQL Server 2000」をプリインストールしたモデルの販売を開始した。

 Microsoft SQL Server 2000同梱モデルは、SQL Server 2005リリース時に結ばれたDellとMicrosoftの提携に基づいて提供されるもの。PowerEdgeサーバにSQL Server 2000 Standard Edition、もしくはを廉価版の「Microsoft SQL Server 2000 Workgroup Edition」をひとまとめにして低価格で提供するという。

 ライセンスは、サーバライセンス(5CAL付き)、1プロセッサライセンス、2プロセッサライセンスの3種類から選択できる。推奨構成価格はPowerEdge 800をベースにした場合で41万8210円、PowerEdge 1800ベースの場合で183万6450円。

 これに有償のサービス「SQL Server基本設計構築サービス」やテクニカルサポートを組み合わせることで、ハード/ソフトの導入から設計、技術サポートまでをワンストップで提供する。SQL Server基本設計構築サービスの料金は34万6500円から。

 デルは同時に、PowerEdgeに「Microsoft Windows Small Business Server 2003 Premium Edition」をプリインストールしたモデルもリリースしている。OSやSQL Server、ファイアウォールや企業内Webサイトの設定などを済ませた形で提供され、価格は最小構成で13万円から、推奨構成価格はPowerEdge 800をベースにした場合で20万4010円。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -