速報
» 2005年07月28日 11時49分 公開

Sun、GMからJava ESの契約を獲得

GMがSolaris 10とSun Java ESを採用する。Java ESの利用者数はこれで100万人近くになる(IDG)

[IDG Japan]
IDG

 Sun Microsystemsは7月27日、General Motors(GM)がSun Java Enterprise System(Java ES)をグローバルなITインフラストラクチャ向けの統合ソフトウェア環境として選んだと発表した。

 GMはSolaris 10をこのインフラストラクチャ用の標準OSとして採用する計画だ。これにより、Java ESの利用者数は100万近くになるとSunは述べている。

 GMの情報システム/サービス担当の最高技術責任者であるフレッド・キリーン氏は「GMはSun Java ESソフトウェアコンポーネントをこれまで利用し、その実績に基づいてJava ESを完全な形で導入することに決めた」と説明しており、システム統合とユーザー体験の向上を期待しているという。

 SunはGMの情報システム部門と協力し、Java ESと統合したソフトウェアスイートを追加する予定だという。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -