速報
» 2005年08月06日 08時08分 公開

Windows VistaでMonadは提供せず――ウイルス情報は誤りとMS強調

Windows VistaにはMicrosoft Shell(コードネームMonad)は提供しないので、ウイルスの噂は誤りだと、Microsoftが言明した。

[ITmedia]

 Windows次期バージョン「Windows Vista」を狙ったウイルスが作成されたとする情報について、Microsoftは8月5日、セキュリティ対策センターのブログを通じ、この情報は間違っていると指摘した。

 ブログはスティーブン・トゥールーズ氏の名で記載。今回報じられているのはWindows Vistaウイルスではなく、新しいインタラクティブシェルの「Monad」(コードネーム)に影響を及ぼすコンセプト実証型ウイルスだと指摘している。

 その上で、Windows Vistaのβ版とWindows Server 2003 R2にはMonadは含まれていないと強調。Windows Vistaの正式版にもMonadを組み込む予定はなく、MonadとWindows Vista β1の間には何の関係もないと言明している。

 Monadは現在βテストの初期段階にあり、3〜5年先のWindows OS向けに検討しているところだという。まだ一般向けに提供しているわけではなく、Monadがシステムにインストールされていなければ、今回のような潜在的ウイルスがWindows VistaやほかのバージョンのWindowsに影響を及ぼすことはないと、トゥールーズ氏は重ねて強調している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -