速報
» 2005年09月03日 08時02分 公開

MS、Itanium版Longhornを3分野に最適化

2007年にリリース予定のLonghornサーバのItanium搭載サーバ向けバージョンは、特定用途向けに3種類投入される。(IDG)

[IDG Japan]
IDG

 米Microsoftは9月2日、次期Windows Serverに関する新情報を公開した。Itaniumバージョンは特定用途向けに最適化され、データベース用、カスタムアプリケーション用、およびERPやCRMといったビジネスアプリケーション用の3種類を投入する。

 コードネーム「Longhorn」と呼ばれる次期Windows Serverは2007年中にリリース予定。Itanium版のWindows Serverは、主にハイエンドの企業顧客をターゲットとしたIntelのx64 Itaniumプロセッサ搭載サーバ向けOSとなる。

 Microsoftによれば、LonghornのItanium版はハイエンドの特定用途向けに最適化されるため、それほど負荷のかからないアプリケーションを処理するサーバに適したものにはならない。Windows Media ServicesやWindows SharePoint Services、ファイル、プリント、FAXといった一般的なオフィス用途アプリケーションがそれに当たる。

 Longhornで特定のビジネスニーズに合わせたバージョンを投入するという計画は、Windowsサーバ部門上級副社長のボブ・マグリア氏が6月のTech・Edで披露した戦略の方向性に沿ったものだ。同氏は、Microsoftが「適切な仕事のために適切なサーバを」というキャッチフレーズで、顧客の特定のビジネスコンピューティングニーズに合わせてWindowsを最適化する計画だと説明していた。

 Microsoftによれば、LonghornのItanium版が焦点を当てる3分野は、現行版のWindows Server 2003 for Itanium搭載システムで実行されているアプリケーションと一致する。また、Longhornのβ1プログラム参加者のフィードバックにも沿っているという。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -