速報
» 2005年09月07日 19時56分 公開

Asianux参加の3社、合弁企業の設立を検討

Asianuxを新たなアジア市場に拡大する方法の1つとして、Red Flag Software、ミラクルリナックス、Haansoftは合弁企業設立について話し合う。(IDG)

[IDG Japan]
IDG

 アジアのLinuxベンダー3社の共同プロジェクト「Asianux」は、10月に日本で行われる会合で、合弁企業設立の計画を検討する予定だ。

 合弁企業は3社――中国のRed Flag Software、日本のミラクルリナックス、韓国のHaansoft――がAsianuxを新たなアジア市場に拡大するために協力する方法の1つとして浮上した。

 この案は、10月に東京で予定されているAsianuxメンバーの会合で話し合われると、Red Flagの広報担当マギー・ニー氏は語った。「最終決定がどうなろうと、われわれの目標はAsianuxの開発をさらに促進することだ」

 現時点では、3社はパートナーとして協力し、Asianuxディストリビューションを共同開発するためのリソースを出し合っている。各社はこのディストリビューションをそれぞれのブランド名で販売している。最新版のAsianux 2.0は先月発表され、英語、韓国語、日本語、中国語の各バージョンが提供されている(8月26日の記事参照)

 韓国での成功――同国では最近、Asianux 2.0が全国レベルのデータベースプロジェクトに採用された――に鼓舞され、Asianuxのメンバーは、アジアでもっと大手顧客を獲得し、またプロジェクトを拡大してインド、マレーシアやシンガポールなど東南アジア国家のパートナーも加えたいと語ってきた。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -