速報
» 2005年09月09日 08時07分 公開

Macromedia、Flash Media Server 2を発表

Macromediaは、Flashビデオを配信するための基盤となる「Flash Media Server 2」を発表した。Flash Player 8の新ビデオコーデックに対応。

[ITmedia]

 米Macromediaは9月8日、サーバソフトFlash Communication Serverの次世代版となる「Flash Media Server 2」を発表した。従来型のストリーミングメディア機能と柔軟な開発環境を組み合わせ、双方向メディアアプリケーションの開発と配信に利用できる。

 Flash Media Server 2は、ビデオオンデマンド、Webを使った生放送、MP3ストリーミング、ビデオブログ、ビデオ/オーディオチャットアプリケーションといった形でFlashビデオを配信するための基盤となる。新版ではスケーラブルなEdge-Originサーバ、負荷分散を簡素化するエンタープライズ対応アーキテクチャ、フェイルオーバー、クラスタリング機能を提供。プログラマブルなストリーミング環境を備え、Flash Player 8の新しいビデオコーデックを活用できる設計になっている。

 先に発表したMacromedia Flash Professional 8およびFlash Player 8と併せ、あらゆるブラウザとOSを通じた双方向リッチメディアアプリケーション開発・配布のためのソリューションとして、Flashプラットフォームの推進を目指す。

 10月に出荷の見通しで、パブリックβを9月に公開予定。価格はCPUが2個のProfessional Editionライセンスの場合で4500ドルから。Flash Communication Serverのメンテナンス契約を結んでいる顧客は無料でアップグレードできる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -