速報
» 2005年09月16日 08時22分 公開

Intel、3億4500万ドル投じ製造能力拡大

Intelは米国内の製造施設を3億4500万ドルを投じ、製造能力を拡大する。

[ITmedia]

 米Intelは9月15日、コロラド州とマサチューセッツ州にある製造施設で計3億4500万ドルを掛けて製造能力を拡大する計画を発表した。

 コロラド州にあるFab 23では1億9000万ドルをかけてクリーンルームをアップグレード。Intelのほかの施設で300mmウエハーから製造したマイクロプロセッサが、最終テストとパッケージングに入る前に、最終的な処理段階を完了できるようにする。直ちに建設に着工し、2007年下半期に高性能マイクロプロセッサの製造開始を目指す。

 マサチューセッツ州ハドソンのFab 17では新しい製造装置の導入と工場の一部改修に1億5500万ドルを投資。製造能力を拡大し、チップセットなどの各種ロジック製品製造と、モバイル、デスクトップ、サーバシステム用のプラットフォーム戦略サポートに充てる。

 また、これとは別にコロラド州でオフィス資産を購入する契約を結び、設計センターとして利用する計画であることも明らかにした。Itaniumプロセッサ設計チームの一部拠点となる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -