ニュース
» 2005年09月20日 19時27分 公開

業務委託先社長が「顧客情報を漏えいする」と恐喝、NTT Comがコメント

 警視庁が9月17日に顧客情報を漏えいするとNTT Comを恐喝した容疑者を逮捕した件で、NTT Comはコメントを発表した。

[ITmedia]

 警視庁が9月17日に顧客情報を漏えいするとNTTコミュニケーション(NTT Com)を恐喝した容疑者を逮捕した件で、NTT Comはコメントを発表した。

 それによると、9月16日夕方に同社の顧客情報約85万件が含まれている可能性のあるPCを隠匿し、金銭を脅し取ろうとした。NTT Comは、それを受け直ちに警察に被害を申告した。容疑者として逮捕されたのは、業務委託先の社長だった。

 対象となったPCは、容疑者の社長の出頭とともに所在が判明しており、現時点で顧客情報の流出の事実は確認されていないという。

 NTT Comは今後も警察の捜査に協力するとともに、業務委託先の管理をより一層厳重に行うよう徹底する。「お客さまにご心配をお掛けいたしましたことを深くお詫び申しあげます」とコメントしている。

 同社では、顧客からの専用の問い合わせ窓口を設置して対応を行っている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -