ニュース
» 2005年10月13日 21時57分 公開

沖電気、SS9100連携アプリケーションの拡大に向けパートナーを支援

沖電気工業は、IPテレフォニーサーバ「IP CONVERGENCE Server SS9100」と連携する業務アプリケーションの拡大に向け、パートナー支援プログラムを開始する。

[ITmedia]

 沖電気工業は10月13日、IPテレフォニーサーバ「IP CONVERGENCE Server SS9100」やアプリケーションサーバ「IP CONVERGENCE Server AS8700」と連携するアプリケーションの拡大を目指し、パートナー支援プログラムを開始する。

 SS9100は、CRMやERPといった業務アプリケーションとIP-PBXの統合をMicrosoft .NET上で実現できるIPテレフォニーサーバ。またAS8700は、SS9100と連携可能なアプリケーションサーバだ。

 沖電気が開始する「SS9100アプリケーションパートナプログラム」では、SS9100/AS8700を通じて、IPテレフォニーシステムとシームレスに連携できる業務アプリケーションの拡大を目指し、パートナーを支援する。

 具体的には、「S9100ソフトウェア開発キット」を提供し、APIを用いて対応アプリケーションを容易に開発できるようにするほか、共同での営業/マーケティング活動を展開。またオプションとして、技術的な問い合わせに応えたり、開発したアプリケーションの稼動試験/デモ用のシステムを特別価格で提供するといった取り組みも行うという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -