ニュース
» 2005年10月14日 16時11分 公開

日本HP、シスコのNACプログラムに参加――検疫システムの連携を可能に

日本HPとシスコは、ネットワークセキュリティの分野での包括協業を発表した。

[ITmedia]

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)とシスコシステムズ(シスコ)は10月14日、ネットワークセキュリティの分野での包括協業を発表した。シスコのNAC(Network Admission Control)プログラムに日本HPが参加し、クライアントPC検疫システム「HP Quarantine System」と「Cisco NACソリューション」との技術連携を進める。

 具体的には、HP Quarantine Systemの「Qu Agent」とCisco NACソリューションの「Cisco Trust Agent」との連携動作を可能にし、VPN機器やIEEE802.1x対応のスイッチポートを共通の制御ポイントとしながら、共通のポリシーによる認証・接続制御を実現する。また、IEEE802.1xに対応していないスイッチやクライアントが存在する環境でも連携動作を可能にする。

 今後、連携動作の検証を進め、日本HPはNACに対応したHP Quarantine Systemの新版を2006年初めごろに出荷する予定だ。また、両社はNACソリューションとHP Quarantine SystemによるクライアントPCのコンプライアンス検査を組み合わせたソリューションも展開する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -