速報
» 2005年10月19日 07時56分 公開

IEとWMPに新たな脆弱性報告

Windows Media PlayerとInternet Explorerに危険度「高」の脆弱性が見つかった。

[ITmedia]

 セキュリティ企業のeEye Digital Securityは10月17日、MicrosoftのWindows Media PlayerとInternet Explorerに脆弱性が見つかったとして概要を公開した。

 影響を受けるOSはWindows NT、Windows 2000、Windows XP SP1/SP2、Windows 2003 SP0/SP1。デフォルトの状態で脆弱性が存在するという。リモートからのコード実行を許す恐れがあるとして、危険度は「高」と評価している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -