ニュース
» 2005年10月20日 21時58分 公開

負荷テストツール「LoadRunner」最新版、テストシナリオ作成を簡素化

マーキュリー・インタラクティブ・ジャパンは、負荷/性能検証テストツールの最新版「Mercury LoadRunner 8.1」を発表した。

[ITmedia]

 マーキュリー・インタラクティブ・ジャパンは10月20日、負荷/性能検証テストツールの最新版「Mercury LoadRunner 8.1」を発表した。

 LoadRunnerは、システムに大量のアクセスを発生させ、パフォーマンスにどの程度の影響が生じるかを検証できる負荷テストツールだ。

 新バージョンではユーザーインタフェースを改良し、テストシナリオ(スクリプト)の設計/構築を効率的に行えるようにした。これまで負荷テストでは、全体の時間のうち70〜80%をテストシナリオ作成に要していたのが、新バージョンではその手間を大きく省くことができるという。

 また、パフォーマンスのボトルネックを診断し、原因を切り分けて解決するための「Mercury Diagnostics」との連携がサポートされた。これにより、J2EEや.NET、SAPやOracleなどさまざまなアプリケーションについて、どのコンポーネントやメソッド、SQLステートメントがボトルネックになっているかをピンポイントで特定し、迅速な解決につなげることができる。

 Mercury LoadRunner 8.1の価格は380万円から。10月28日より出荷を開始する。なお同時に、分散した開発拠点にまたがりテスト実行/結果を一元的に管理できるツールとLoadRunner、Diagosticsをまとめた「Mercury Performance Center」についても、新バージョンの8.1がリリースされている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -