ニュース
» 2005年11月24日 17時29分 公開

NECソフト、Linux版メールフィルタリングソフト「GUARDIANWALL」の新バージョン

NECソフトは、Linux上で動作するメールフィルタリングソフトの新バージョン「GUARDIANWALL V6.0 for Linux」の販売を開始した。

[ITmedia]

 NECソフトは11月24日より、Linux上で動作するメールフィルタリングソフトの新バージョン「GUARDIANWALL V6.0 for Linux」の販売を開始した。

 GUARDIANWALL for Linuxは、社内から外部に送信される電子メールの内容を検査し、機密情報や不適切なメールが社外に流れないよう制御する情報漏えい対策ソフト。添付ファイルも含めて送受信記録を保存できるほか、ヘッダー情報を基に配送をコントロールすることもできる。

 もともとはキヤノンシステムソリューションズがSolaris版を開発、販売していたもので、NECソフトは同社と共同でLinuxへの移植作業を行い、販売を行ってきた。

 新バージョンでは管理用インタフェースが刷新され、Web向けのセキュリティ管理ツール「WEBGUARDIAN」と運用管理の共通化が進められたほか、これまで1つにまとめられていた管理サーバと検査サーバを分離し、ゲートウェイごとに検査サーバを分散配置できるようになった。また、分散配置された検査サーバが収集したメールのデータを自動的に集約することも可能なため、管理上の負荷を減らしながらリスク対策および負荷分散を実現できる。

 また、従来は手動で行う必要のあったメール保存作業を、日時を指定した上で自動的に保存できるようになった。

 さらにオプションとして、アマノの「アマノタイムスタンプサービス3161」を用いたタイムスタンプ機能が提供される。電子メールのアーカイブデータに対しタイムスタンプを付与することにより、データの存在証明と改ざん検知を行える点がメリットだ。

 GUARDIANWALL V6.0 for Linuxの価格は50ユーザーで120万円から、タイムスタンプサービスは1サーバ当たり年額39万4000円。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ