速報
» 2005年12月15日 08時23分 公開

Windows Server 2003など6製品がCC認定取得

Windows Server 2003などWindowsプラットフォーム6製品が、セキュリティ評価のための国際共通基準認定(CC認定)を取得した。

[ITmedia]

 米Microsoftは12月14日、Windows Server 2003などWindowsプラットフォーム6製品が、セキュリティ評価のための国際共通基準認定(CC認定)を取得したと発表した。

 新たに「評価保証レベル4+欠陥修正」(EAL4+ALC_FLR.3)の認定を受けたのは、次の6製品。

  • Windows Server 2003, Standard Edition(32ビット版)SP1
  • Windows Server 2003, Enterprise Edition(32/64ビット版)SP1
  • Windows Server 2003, Datacenter Edition(32/64ビット版)SP1
  • Windows Server 2003 Certificate Server, Certificate Issuing and Management Components(CIMC)(Security Level 3 Protection Profile, Version 1.0)
  • Windows XP Professional SP2
  • Windows XP Embedded SP2

 Microsoftはこれまでに、Exchange Server 2003、Internet Security and Acceleration Server(ISA Server) 2004、Windows 2000 Professional、Windows 2000 Server、Advanced Serverの各製品で、EAL4の認定を取得済み。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -