ニュース
» 2005年12月19日 21時15分 公開

Windows Server 2003 R2 日本語版の開発完了、2006年2月より提供へ

マイクロソフトは12月19日、「Windows Server 2003 R2」日本語版の開発を完了したことを発表した。

[ITmedia]

 マイクロソフトは12月19日、「Windows Server 2003 R2」日本語版の開発を完了したことを明らかにした。同日よりMSDN Subscription会員向けのダウンロード提供も開始している。

 Windows Server 2003 R2は、同社が「Windows Server 2003の最終型」と位置付けて開発を進めてきた製品。Windows Server 2003をベースに、ストレージ管理を効率化するフォルダ単位のクォータ機能やSAN管理ツールが搭載されるほか、地方拠点のサーバ管理を簡素化するレプリケーション機能、社内外のアイデンティティ情報を管理しシングルサインオン環境を実現する「Active Directory フェデレーション サービス」といった機能をサポートしている。

 Windows Server 2003 R2にはStandard EditionのほかEnterprise Edition、Datacenter Editionがあり、それぞれ32ビット版と64ビット版が用意されている。2006年2月1日よりボリュームライセンスでの、2月3日よりパッケージでの提供を開始する予定だ。価格はWindows Server 2003と同等で、既にエンタープライズアグリーメントまたはソフトウエアアシュアランスを購入済みの顧客は無償で入手できる。

 なおWindows Server 2003 R2, Enterprise Editionでは、仮想化環境向けにライセンスが一部変更され、1つのサーバライセンスで最大4個のWindows Server仮想インスタンスを稼動できるようになるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -