ニュース
» 2005年12月26日 14時34分 公開

IDSシェアーと日本オラクルが協業、BPMを包括的に支援

IDSシェアー・ジャパンと日本オラクルは、ビジネスプロセスマネジメント(BPM)分野で協業する。

[ITmedia]

 IDSシェアー・ジャパンと日本オラクルは12月26日、ビジネスプロセスマネジメント(BPM)分野で協業することを発表した。

 IDSシェアーは、2006年初めに、ビジネスプロセスの可視化と分析、設計、最適化を実現するBPMソフトウェア「ARIS 7.0」を提供する予定だ。その中にはビジネスプロセスのデザインツール「ARIS Business Architect」やビジネスプロセスの評価ツールである「ARIS Process Performance Manager」などが含まれる。

 今回の協業に伴い、ARIS Business Architect/ARIS Process Performance Managerと、日本オラクルのSOAをベースとしたミドルウェア基盤「Oracle Fusion Middleware」のコンポーネントの1つである「Oracle BPEL Process Manager」の連携について、相互検証を完了した。両社はこれにより、設計から評価、再設計にいたるまでの包括的なBPMソリューションを提供できるとしている。

 両社は今後も協業体制を強化し、ARISと日本オラクルの業務アプリケーション「Oracle E-Business Suite」を連携させたBPMソリューションの構築などに取り組む方針だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -