ニュース
» 2006年01月06日 11時49分 公開

「ハリー・ポッター」シリーズに投入されたLustre

指をパチンと鳴らすだけで資金を用意できる企業はほんの一握り。そんな大手企業と渡り合うために、オープンソースが重要な役割を果たすことになるだろう。

[Tina-Gasperson,japan.linux.com]

 「ハリー・ポッター」シリーズ最新作、「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」で不気味な特殊効果の大半を担当したアニメ制作会社、Framestore CFCのレンダリングファームではIntelベースの強力な高速Linuxクラスタが稼働しているのにNFSサーバのボトルネックのせいで不具合に見舞われることがあった。そこで(ハリー・ポッター風に)Lustreよ来たれと相成り、オープンソースのクラスタファイルシステム、Lustreが、大手と張り合える価格で同社の並外れた食欲、すなわちI/O要求を満たすことになった。

 制作スタジオでLinuxを使うのは今や珍しくないが、Framestoreはその先駆けに名を連ねていた。Framestoreが船出した6年前はUnixサーバが主流で、「Windowsマシンもパラパラあったようだ。われわれがLinux路線を選ぶのにそれほど時間はかからなかった」と Framestoreのシステムサポートエンジニア、バーン氏は言う。OSとして低コストだったからだ。また、同社のサーバにLinuxをインストールするだけで話は終わらなかった。バーン氏によれば、レンダリングファームにある600台のワークステーションだけでなく、会社中のその他数百台のマシンでもFedora Coreが動いているという。

 最近、バーン氏はFramestoreのNFS(Network File System)サーバを、オープンソースのクラスタファイルシステムであるLustreの稼働するマシンに切り替え始めた。「われわれが使うマシンは相当な数に上り、大きな3Dオブジェクトがレンダリングファームに送り込まれると、各サーバで相当量のI/O負荷が発生し、大量の計算を経てレンダリング結果を出力する。そのような処理を行うマシンが、例えば1台のNFSサーバに対して500台存在すると、現実にはうまくいかない。NFSはクラスタ用に設計されていないからだ」

 Framestoreとしては、現在のみならず将来にわたって帯域幅不足を心配せずにレンダリングファームの規模を拡大できる必要があった。また、Hewlett-Packard製ファイルサーバの大量導入で既にかなり投資していたので、改めて特別なハードウェアを購入せず済ませたいと考えていた。「これらが大量にごろごろしていたので、もっと効率的な方法でこれらを再展開したいと思った」とバーン氏は言う。彼はそのほかのハイエンドストレージサーバも検討したが、Bluearcは「高速のNFSサーバのようなもので、スケーラビリティがなく」、Network Applianceは「NFSサーバ3台相当」ということだった。

 バーン氏によれば、FramestoreがLustreに気付いたのは2002年で、まだその初期の段階だった。「折り紙付きの製品と呼べる代物でなく、いろいろ試して、いじくり回す必要があった。そのため会社の人間に納得してもらうのにだいぶ時間がかかった。本番に投入しても大丈夫と確信が持てるまでに約1年の検討が必要だった」。バーン氏はその日を見越して、全員のマシンに必要なすべてのものをインストールし、設定も済ませておいた。

 バーン氏はこれまでに60台のサーバのうち16台をLustreに切り替えた。現在進行中のプロジェクトが終わればストレージが空くので、スタッフがさらにほかのサーバを新システムへ切り替えることになる。切り替えの過程で解決すべき問題もあった。多くはRed HatカーネルのパッチとLustreのアップデートに由来するもので、バグを見つけて修正することもあった。「Lustreを使い始めた時期がまだ早かったので、参考になるドキュメントがあまりなく、これに取り組む人々も現在ほど多くなかった。多くの問題を、われわれやほかのユーザーが解明した。現在、この状況はかなり変わった」とバーン氏は言う。

 同氏によれば、Framestoreにとってオープンソースソフトウェアの第一のメリットは、「ものすごい量のI/O」が発生する複雑な3Dショットを、やたら多くのメモリを使わずに処理できることで、それは以前からずっとそうだったという。「必要とする以上のI/O能力があり、しかも現在配備してあるサーバをすべて使わなくて済むのだ」

 もう一つはコスト面のメリット。これでFramestoreもPixarやDreamworksのような大手スタジオと競争できる。「大手にはとうてい及ばない。最新最良のインフラを構築したければ、彼らは指をパチンと鳴らすだけで資金を用意できる。われわれはそれほど資金力がないので、競争力を維持するには、もっと安く、しかも速く事を進める必要がある。オープンソースはその能力をわれわれに与えてくれると思う。事実、これまでずっとそうだった」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -