速報
» 2006年01月18日 08時20分 公開

Lotus Notes/DominoからMS製品へ乗り換え支援の新ツール

MicrosoftはIBMのLotus Notes/DominoからMicrosoft製品への乗り換えを支援するツールを発表した。

[ITmedia]

 米Microsoftは1月17日、IBMのLotus Notes/DominoからMicrosoft製品への乗り換えを支援するツールを発表した。企業でNotes/Dominoのアプリケーション環境を分析し、重要なアプリケーションデータをMicrosoftのコラボレーションプラットフォームに移すのを支援する。

 アプリケーション環境分析ツールのアップデート版「Microsoft Application Analyzer 2006 for Lotus Domino」は1〜3月期中にリリース予定。新ツールの「Microsoft Data Migrator 2006 for Lotus Domino」は4〜6月期に提供予定で、Lotus DominoテンプレートベースのアプリケーションからWindows SharePoint Services Application Templatesにデータを移行できる。「Windows SharePoint Services Application Templates」は新アプリケーションテンプレート3種類を即日提供開始した。

 さらに、メッセージング/カレンダーの移行・共存ツール「Exchange Connector for Lotus Notes/Domino」「Exchange Calendar Connector for Lotus Notes/Domino」「Migration Wizard for Lotus Notes/Domino」のアップデート版も即日リリース。各ツールとも、無償でダウンロード提供する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -