特集
» 2006年02月13日 08時24分 公開

ゼロから始める中小企業IT化への道:今こそ中堅・中小企業にERPを! (1/2)

中堅・中小企業向けのERPが注目されている。しかし、約70%の中堅・中小企業が「ERPを導入する予定がない」と答えている。どうやらERPの認知不足がこのような結果を招いているようだ。

[伊嶋謙二,ITmedia]

 現在、中小企業が最も高い関心を寄せているのが、基幹系業務システムである(関連記事)。今回は、次世代の基幹系業務システムとして特に注目を集めているERP(Enterprise Resource Planning:統合基幹業務システム)について見ていきたい。

 そもそもERPは、「財務会計」「人事給与」「販売管理」「生産管理」といったそれぞれのモジュールで構成される、基幹業務を統合的に管理するためのパッケージシステムである。中堅・中小企業向けERPパッケージの代表的な製品としては、大塚商会の「Smile α AD」、オービックビジネスコンサルタントの「奉行新ERP」などが知られている。

中堅・中小企業の約10%しかERPを利用していないという現状

 ノークリサーチが行った「2005年版 中堅・中小企業のERP利用実態と潜在ニーズ探索に関する調査」によると、中堅・中小企業におけるERPの導入状況はそれほど高くない。ERPを利用している中堅・中小企業は13.2%と少なく、パッケージを活用した業務システムも17.4%と多くない。両者を合わせてもパッケージの利用率は約30%に過ぎないのという結果だ。それに対して、オフコンやメインフレームなどで自社仕様に合わせて独自に作り込みを行った業務システムが実に70%近い数値となっている(図1)。

図1 利用中の業務システム(調査対象:全国の中堅・中小企業約6000社対象、有効回収票885件 調査分析期間:2005年2月〜4月)

 同じ調査でERPの導入意向についても聞いたが、ここでも約70%の企業が「導入する予定がない」と答えている(図2)。この2つの調査結果だけを見ると、今後、中堅・中小企業がERPを導入していくには非常に多くの時間がかかりそうに思える。基幹業務を統合的に管理するERPの導入を阻んでいるものは一体何なのだろうか?

図2 ERP導入意向(調査対象:全国の中堅・中小企業約6000社対象、有効回収票885件 調査分析期間:2005年2月〜4月)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -