速報
» 2006年02月15日 08時26分 公開

Microsoft、オープンソースベンダーと技術協力

SugarCRMは商用オープンソースアプリケーションベンダーとして初めて、MicrosoftのCommunity Licenseを採用する。

[ITmedia]

 米Microsoftは2月14日、サンフランシスコで開催のOpen Source Business Conferenceで、オープンソースアプリケーションベンダーSugarCRMの製品とWindows Serverとの間で互換性強化を図ると発表した。

 SugarCRMはMicrosoft Community Licenseに基づき、新バージョンのSugar Suite 4.5をリリースする。商用オープンソースアプリケーションベンダーが同ライセンスを採用するのは初めてだという。同ライセンスは、顧客やパートナー向けにMicrosoftのソースコードを公開しているShared Sourceプログラムの一環。

 SugarCRMの顧客のうち35%近くは現在Microsoft Windows Serverを利用しており、両社の協力によって顧客は既存のWindowsインフラを活用できるようになると説明。両社共同で技術コラボレーションプロジェクトに着手し、Windowsプラットフォーム上で信頼性強化と管理簡素化を図るとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ