ニュース
» 2006年02月28日 07時00分 公開

無視できないSalesforce.comの勢い――MSのCRM製品は勝負に出るか?(1/3 ページ)

MicrosoftのCRM製品のバージョン3.0は、マーケティング機能とサービス管理機能が追加され、ホスティングソリューションの普及促進を狙ったサブスクリプションベースのライセンスプログラムが導入された。だが、標準ではMicrosoftのERP製品の1つとしか連携しない。

[Chris Alliegro,Directions on Microsoft]
Directions on Microsoft 日本語版

 Microsoft Business Solutions部門の中小企業向けCRMアプリケーション「Dynamics CRM」(旧称:Microsoft CRM)は、マーケティング機能とサービス管理機能を新たに搭載した最新バージョンが2005年12月にリリースされたことで普及が進みそうだ。最新バージョンではまた、セットアップが簡素化されており、Windows Small Business Server(SBS)2003に対応した新しいエディションが用意されているほか、CRMホスティングソリューションを提供するサービスプロバイダー向けのライセンスモデルが追加されている。だが最新バージョンでは、標準で連携するMicrosoftのERP製品はGreat Plainsだけに限られている。また、いくつかの要因から、従来バージョンからのアップグレードは容易ではなさそうだ。

初のメジャーアップグレードで機能を拡充

 2003年1月にMicrosoft CRM(MSCRM)として初めてリリースされ、2005年9月に改称されたDynamics CRMは、OutlookまたはWebブラウザをクライアントとして主要なCRM機能を提供する。例えば、営業や顧客サービスの担当者は、引き合いや、サービス依頼についての問い合わせなど、顧客とのやり取りを記録、追跡、更新できる。Dynamics CRMはこれまでに約6000社の顧客を獲得している。Microsoftは当初、2番目のメジャーバージョンを2005年第1四半期にリリースする計画だったが、後にリリースを2005年第4四半期に延期し、このバージョンをバージョン2.0ではなく、バージョン3.0とすることを併せて発表した。

 Dynamics CRM 3.0での最も重要な変更点には次のようなものがある。

マーケティングとサービス管理の新モジュール
 新しいマーケティング機能は、マーケティングキャンペーン、キャンペーンの対象顧客の絞り込み、マーケティング活動の計画立案と予算組みを支援する。また、Dynamics CRM 3.0で新たにサポートされたサービス管理機能は、機器の修理や設置などのようなサービスの販売、スケジューリング、実施を支援する。マーケティングとサービス管理は多くの企業の顧客管理プロセスの重要な要素であり、これらの機能の追加によってDynamics CRMの魅力が広がりそうだ。

セットアップの改善
 Dynamics CRM 3.0ではセットアップと導入機能が改善されている。Microsoft製品では、これらの機能が初期バージョンでは不十分で、後続バージョンで修正されるということがよくある。例えば、Dynamics CRM 3.0では、インストール前にセットアップユーティリティが、サーバおよびクライアントコンピュータがハードとソフトの最小要件を満たしているかをチェックし、問題点があれば報告し、対処方法を提案する。また、SBS 2003が動作するコンピュータへのインストールプロセスが簡素化されており、小規模企業にとってセットアップがしやすくなっている。より迅速で信頼性の高いセットアップが可能になったことで、小規模企業の間で一般的な懸念が緩和されそうだ。こうした企業は通常、導入作業に時間がかかることを嫌う。また、そもそも時間をかけるゆとりもない。

ユーザーインタフェースと連携機能の向上
 Microsoftは、WebクライアントやOutlookクライアントアドオンから利用されるDynamics CRMのユーザーインタフェースの改良を進めている。例えば、Dynamics CRM 3.0の管理者は、ユーザーの職務に基づいてユーザーの役割を定義することで、ユーザーが利用可能なデータや機能を指定できる(営業担当者が製品情報を読むことはできるが、その作成や編集はできないようにする、といったことができる)。さらに、Dynamics CRM 3.0ではExcelとの連携機能が向上しており、ユーザーはデータをExcelのピボットテーブルに直接インポートして、分析したりチャート化したりできる(別掲の図「Dynamics CRM 3.0のOutlookクライアント」で、Dynamics CRMのOutlookクライアントのスクリーンショットを示している)。

Dynamics CRM 3.0のOutlookクライアント
Dynamics CRMのOutlookクライアントにより、ユーザーはOutlookからCRMデータおよび機能にアクセスできる。このクライアントはOutlookの標準のフォルダツリーにフォルダ群を追加する。ウィンドウの左ペインの表示から分かるように、これらのフォルダからDynamics CRMのデータベース(SQL Serverをベースにしている)内のデータに素早くアクセスできる。この例では、ユーザーはReportsフォルダを選択しており、この操作により、Dynamics CRMに格納されているリポートの一覧を含むテーブルが右ペインに表示されている。右ペインでは、一覧表示されているリポートに対して操作を行うことができる。例えば、Excelボタンを押してリポートをExcelにエクスポートするといったことなどが可能だ。
       1|2|3 次のページへ

Copyright(C) 2007, Redmond Communications Inc. and Mediaselect Inc. All right reserved. No part of this magazine may be reproduced, stored in a retrieval system, or transmitted in any form or by any means without prior written permission. ISSN 1077-4394. Redmond Communications Inc. is an independent publisher and is in no way affiliated with or endorsed by Microsoft Corporation. Directions on Microsoft reviews and analyzes industry news based on information obtained from sources generally available to the public and from industry contacts. While we consider these sources to be reliable, we cannot guarantee their accuracy. Readers assume full responsibility for any use made of the information contained herein. Throughout this magazine, trademark names are used. Rather than place a trademark symbol at every occurrence, we hereby state that we are using the names only in an editorial fashion with no intention of infringement of the trademark.

注目のテーマ