ニュース
» 2006年03月07日 00時00分 公開

コスト増が懸念されるMSライセンスプログラムの新体系 (1/3)

今後登場するMicrosoftの一部のサーバでは、フル機能を利用するには複数のクライアントアクセスライセンス(CAL)が必要になる。顧客にとっては選択肢が複雑になるほか、ライセンスコストも増えることになるかもしれない。

[Paul DeGroot,Directions on Microsoft]
Directions on Microsoft 日本語版

 Microsoftのサーバ製品へのアクセス権を許諾するクライアントアクセスライセンス(CAL)が大幅に見直されることになった。Microsoftのインフォメーションワーカー部門が高度なサーバ機能を提供するためのよりきめ細かなアプローチを策定したためだ。今後登場するサーバの一部では、フル機能セットを利用するには少なくとも2つのCALが必要になる。こうした変更は、サーバの導入形態やCALの管理方法、顧客のコストに影響する。Microsoftはまだ具体的な価格体系を発表していないが、顧客はアップグレード権を持っている場合でも、追加費用を支払うことになりそうだ。サーバのライセンス管理もより複雑になる見通しであるほか、顧客は用語の理解にも苦労しなければならなくなる。

CALとは

 Microsoftのほとんどのサーバ製品は、利用するには2種類のライセンスが必要だ。1つは、(Windows Server 2003をサーバハードウェアにインストールするなど)サーバソフトウェアをインストールするために必要なサーバライセンス自体、もう1つは、サーバに接続してその機能を利用するユーザーやデバイス用のライセンスだ。

 ユーザーやデバイス用のライセンスの最も一般的なものがCALだ。CALの価格は、アクセス対象となるサーバソフトの種類や、購入者が利用するボリュームライセンスプログラムでの割引に応じて、30〜200ドル程度となっている。サーバ製品のこのほかのライセンスには、プロセッサライセンスとエクスターナルコネクタライセンスがある。後者はサーバ当たり2000〜3万ドル程度で、このライセンスを取得した企業は、社外のパートナーや顧客が自社のサーバにアクセスできるようにすることができ、社外のユーザーごとにCALを取得する必要はない。サーバのプロセッサライセンスを取得する場合には、CALは不要だが、プロセッサライセンスは通常、CALが必要なサーバライセンスよりも高価だ。

 CALは、契約において製品の使用権を許諾するものであり、レジストリキーやソフトとしてコンピュータにインストールされるわけではない。Microsoftは、特定のコンピュータやユーザーが特定のサーバにアクセスするためのライセンスを取得しているかどうかを、プログラム的に判別する仕組みを提供していない(例外はターミナルサービスだ。このサービスはクライアントのトークンを使ってライセンスの範囲を超えた利用を防ぐようになっている)。

CALがStandardとEnterpriseの2種類に

 サーバをアップデートする場合にはCALもアップデートし、CALのバージョンとサーバのバージョンを一致させなければならない。例えば、Windows Server 2003マシンにアクセスするユーザーやデバイスは、Windows Server 2003用のCALを持っていなければならない。このCALはこのサーバの以前のバージョンにアクセスする場合にも使用できる。

 2005年まで、サーバの特定バージョン用のCALは1つしかなく、CALは対応するサーバのすべてのエディションに有効だった。例えば、Windows Server 2003 CALは、Windows Server 2003のStandard、Enterprise、Datacenter Editionのいずれにアクセスする場合にも使用可能だ。

 だが、SQL Server 2005のリリースとともにこの長年のポリシーが初めて見直された。SQL Server 2005では、Workgroup Edition CALは、SQL Server Workgroup Editionへのアクセス権のみを与えるものであり、約10%高価な標準のSQL Server 2005 CALが、Workgroup、Standard、Enterprise EditionというSQL Serverの全エディションへのアクセス権を与えるものとなっている。

 Office 2007や、Exchange Server、Live Communications Server、SharePoint Portal Serverの将来のバージョン(これらの製品はすべてMicrosoftのインフォメーションワーカー部門が担当している)のリリース時に、MicrosoftはCAL要件にさらに変更を加える。CALはStandardとEnterpriseという2つのエディションが用意され、それぞれ特定のサーバ機能の使用権を与えるものになる。

 「Standard」と「Enterprise」という言葉は、CALのエディションとサーバのエディションの両方に冠されるが、CALについて使われる場合と、サーバについて使われる場合とでは、意味内容は決して同じではない。サーバについて使われる場合の「Enterprise Edition」は、処理能力や拡張性が高いエディションを指すが、その機能セットは、これらの面で劣る「Standard Edition」と大抵は同様だろう。例えば、ExchangeのEnterprise Editionはクラスタ化が可能で、Standard Editionは不可能だが、これは拡張性の違いだ。

 しかし、CALについて使われる場合の「Enterprise」の意味は異なっている。「Enterprise CAL」は、「Standard CAL」ではアクセスできない特定のサーバ機能にアクセスできるクライアントライセンスを指す。例えば、SharePoint Server 2007(現在のSharePoint Portal Serverの次期バージョン)のEnterprise CALを持つデバイスは、この製品の新しいExcel Services機能、ビジネスデータライブラリ、電子フォーム管理/発行機能を利用できる。だが、SharePoint Server 2007のStandard CALを持つデバイスは、これらの機能にアクセスすることはできない。

 SharePoint Server 2007は、MicrosoftがStandardとEnterpriseの各CALで利用可能な機能を具体的に明らかにしている唯一の製品だが、インフォメーションワーカー部門は他のサーバ、例えばExchangeやLive Communications Serverなどの高度な機能の利用についても、Enterprise CALを必須とする見通しだ。

SharePoint Server 2007のCAL別の利用可能な機能

CALの種類 アクセスできる機能
Windows SharePoint Services(Windows Server CAL) ・単純なプロジェクト管理(問題追跡など)
・チーム用のワークスペースとブログ
・Windows Workflow Foundation
・バージョンやメタデータの管理を含む基本的なドキュメント管理
・基本的なサイトインフラとユーザーの役割
・チームサイトのテキスト検索
SharePoint Server 2007 Standard CAL ・エンタープライズコンテンツ管理のためのワークフローテンプレート、リポート
・ポリシー管理、監査、記録管理
・パーソナライズ、展開、Site Manager
・エンタープライズコンテンツのカスタマイズ可能な検索
・人やノウハウの検索
SharePoint Server 2007 Enterprise CAL ・ビジネスアプリケーションデータ(ERPデータなど)の検索
・ビジネスデータライブラリとWebパーツの統合
・電子フォームの管理、発行、作成
・Excel Services(サーバベースのスプレッドシート計算、発行、リポート)
 SharePoint Server 2007のStandard CALとEnterprise CALでは、利用できるサーバ機能が異なっており、顧客は目的の機能にアクセスするには適切なCALを取得しなければならない。
 Windows CALはどのような場合にも必要だ。また、Enterprise CALを使用するにはStandard CALが必要であり、顧客はEnterprise CALを単独で購入することはできない。
 なお、Windows SharePoint ServicesはWindows Serverのアドオンであり、現在、利用に必要なCALは、Windows Serverへのアクセスに通常必要なCALのみとなっている。
 MicrosoftはSharePoint Server 2007以外のサーバについては、こうした機能分類を公表していないが、Exchange 2007とLive Communications Server 2007も、Standard CALとEnterprise CALが用意されることになっている。
       1|2|3 次のページへ

Copyright(C) 2007, Redmond Communications Inc. and Mediaselect Inc. All right reserved. No part of this magazine may be reproduced, stored in a retrieval system, or transmitted in any form or by any means without prior written permission. ISSN 1077-4394. Redmond Communications Inc. is an independent publisher and is in no way affiliated with or endorsed by Microsoft Corporation. Directions on Microsoft reviews and analyzes industry news based on information obtained from sources generally available to the public and from industry contacts. While we consider these sources to be reliable, we cannot guarantee their accuracy. Readers assume full responsibility for any use made of the information contained herein. Throughout this magazine, trademark names are used. Rather than place a trademark symbol at every occurrence, we hereby state that we are using the names only in an editorial fashion with no intention of infringement of the trademark.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -