ニュース
» 2006年03月09日 07時00分 公開

MS初のセキュリティサービス「Windows OneCare Live」の詳細が明らかに (1/2)

Windows OneCare Liveの2番目となるβの公開予定および予定価格が発表された。正式リリースは6月になる見込み。競合サービスと比較してサブスクリプションの更新をいかに効果的にユーザーに訴求できるかが課題になる。

[Michael Cherry,Directions on Microsoft]
Directions on Microsoft 日本語版

 Microsoft初のセキュリティおよびPC状態監視サブスクリプションサービスであるWindows OneCare Liveの新しいβ版が2006年3月にリリースされる予定だ。正式版のリリースは6月になる見込みで、年間約50ドルで提供され、1サブスクリプションで最高3台のコンピュータにインストールできる。ただし、初期リリースは全ユーティリティの統合が完了していない状態でのリリースになる模様だ。また、製品を最新の状態に保つには1年ごとに有料のアップデートが必要だが、パートナー企業が提供する競合製品以上に、OneCareが高いアップデート率を実現できるという保証はない。

Windows OneCare Liveの基本構成

 Windows OneCare Liveは、Windowsのセキュリティとパフォーマンスの強化を目的とした製品である。悪意のあるソフトウェア(マルウェア)の検出と削除を行い、自動的に定期的なクリーンアップ処理を行うことで、常にWindowsが最適な状態で実行されるようにする。同製品の機能は、以下のようにProtection PlusとPerformance Plusの2つのカテゴリに分類される。

Protection Plus
 マルウェアに対する次のような保護機能を提供する。

  • ウイルス、ワーム、トロイの木馬を検出および削除するウイルススキャンエンジン。
  • 受信および送信ネットワークトラフィックを監視するファイアウォール。
  • 既存のMicrosoft Updateサービスとの連携。WindowsやOfficeなどのMicrosoftアプリケーション製品に適切に修正プログラムが適用されるようにする。
  • OneCareの自動アップデート。新種や亜種のマルウェアを検出するための情報の取得やOneCare自体のアップデートを行う。
  • リムーバブルメディアや外付けハードドライブへのファイルのバックアップの支援。

 また、OneCareの初期バージョンでは、Microsoftの無償のアンチスパイウェア製品であるWindows Defenderによるスパイウェア検出機能も提供される予定だが、DefenderとOneCareの完全な統合は今後のOneCareのリリースを待つ必要がある。OneCareの初期リリースでは、OneCareのセットアップ中にDefenderをダウンロードし、インストールすることになる見込みだ。

Performance Plus
 Windowsの信頼性およびパフォーマンスを改善するための次の機能を提供する。

  • 一時ファイルが不要になった時点での自動的な削除。
  • 同じファイルのデータがハードドライブの連続セクタに保存されるようにする"デフラグ"機能。パフォーマンスの向上を図る。
  • システムのブートや起動時間の監視。能動的にWindowsの読み込み時の問題を検出する。

 これらのサービスの多くは既にWindowsに組み込まれているが、特に初級レベルのユーザーにとって、このようなサービスを利用しやすくすることがOneCareの目標となる。

OneCareとWindows搭載ユーティリティの比較

機能 現在のWindowsでの対応機能 OneCare使用のメリット
ウイルスの検出および除去 なし これまでMicrosoftが提供していなかった機能。ただし、同社は既知のマルウェアを削除する毎月更新されるツールを提供している。
スパイウェアの検出および除去 なし 無償で提供されるWindows Defenderを別途インストールすることで実現。OneCareの今後のリリースで統合が完成する予定。
ブート時の監視 なし Windowsの起動時の問題を監視し、能動的に修正処理を行えるようにする新サービス。
ファイアウォール あり 現在のWindowsファイアウォールの監視対象は、受信トラフィックのみである。OneCareのファイアウォールは、受信トラフィックと送信トラフィックの両方を監視する。
Microsoft Update あり OneCareでは、状態監視機能と連携。
バックアップおよびリストア あり Windowsで現在提供されているが、多くのユーザーにとって起動方法がわかりづらく、使いにくい。Windows XP Homeでは、既定でインストールされない。
ハードディスクのクリーンアップ あり Windowsで現在提供されているが、多くのユーザーにとって起動方法がわかりづらく、使いにくい。
デフラグ あり Windowsで現在提供されているが、多くのユーザーにとって起動方法がわかりづらく、使いにくい。
 Windows OneCare Liveの機能の幾つかは現在Windowsで提供されているが、Windowsのユーティリティの使用にあたっては、その起動方法と実行のタイミングをユーザーが理解している必要がある。この表は、Windowsのユーティリティに代わり、OneCareを利用することで得られるメリットの一部を示している。
       1|2 次のページへ

Copyright(C) 2007, Redmond Communications Inc. and Mediaselect Inc. All right reserved. No part of this magazine may be reproduced, stored in a retrieval system, or transmitted in any form or by any means without prior written permission. ISSN 1077-4394. Redmond Communications Inc. is an independent publisher and is in no way affiliated with or endorsed by Microsoft Corporation. Directions on Microsoft reviews and analyzes industry news based on information obtained from sources generally available to the public and from industry contacts. While we consider these sources to be reliable, we cannot guarantee their accuracy. Readers assume full responsibility for any use made of the information contained herein. Throughout this magazine, trademark names are used. Rather than place a trademark symbol at every occurrence, we hereby state that we are using the names only in an editorial fashion with no intention of infringement of the trademark.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -