ニュース
» 2006年03月09日 11時45分 公開

ジャストシステム、国内初のOpenDocumentフォーマットアライアンスメンバーに

XMLの魅力を高めるべく、ジャストシステムはxfyの土台を固めている。その中でサポートされているオフィスドキュメントのフォーマット「ODF」のアライアンスメンバーに参加表明を行った。

[ITmedia]

 ジャストシステムは3月9日、去る3日に米Washington DCで発表された「ODFアライアンス」に、設立メンバーとして参加したことを表明した。

 ODFアライアンスは、ビジネスにおける情報交換用技術の標準化団体であるOASIS(Organizationforthe Advancement of Structured Information Standards)で標準化された、XMLベースのオフィスドキュメント「ODF」(OASIS Open Document Format for Office Applications)普及を目的に設立された組織。

 設立メンバーとしては、Corel、IBM、Novell、OpenForum Europe、Oracle、Red Hat、the Software & Information Industry Association(SIIA)、Sun Microsystemsなどが名を連ねている。日本からは唯一、ジャストシステムが参加したことになる。

 ジャストシステムは、同社のネイティブXMLアプリケーション開発・実行環境である「xfy」でODFをサポートし(関連リンク)、さまざまなXMLのボキャブラリを1つのドキュメントで実現している。汎用的な文書形式としてODFが注目されているが、世界規模で普及することを見据えて参加表明を行ったもの。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -